人生を今よりちょっと楽にしよう!

重度アトピーで結婚した親友に聞いた「アトピーでも女にモテたい人が絶対守るべき7つのこと」

先日、私の親友の結婚式に行ってきました!

その親友(男)は、重度のアトピーで、学生時代からかなり苦労をしていました。

見た目の問題から、かゆみ・アレルギーの問題まで、私も色々と相談を受けたこともありました。

そんな彼ですが、学生時代には、「重度のアトピーでも、女子にモテたい!」ということに執念を燃やしていましてね(笑)

そりゃもう結構努力してましたよ!

 

そういう努力が実ったのかは知りませんが、美人なお嫁さんをもらったことは、学生時代から苦楽を共にしてきた私にとっては何だかうれしい!

で、そのアトピーの親友とじっくり話す機会があり、

「アトピーに悩む男子が、いかに女にモテるようにするか。いかにカッコつけるか」という話題になりました♪

色々と伝授されました(笑)

そこで今回は、アトピーの男子に実践してほしい、女にモテる方法・カッコつける方法をまとめてみたいと思います!

 

アトピー男子がかっこつけるって、とっても大変!

はじめに書かせていただきますが、アトピー男子、特に重度アトピーの男子が、女性にモテるのはかなり高い壁があります

かなりの難題なんです。

気分を害された方がいましたら先に謝っておきます。ごめんなさい。

まずは、その見た目とお肌のトラブルの重さのせいで、本人がとてもネガティブになってしまうのが大きな原因。

「どうせ俺なんて・・・」と最初からあきらめて、女性に対して積極的な行動がとれなくなってしまいます。

それ以前に、私のアトピー持ちの親友のように、子供のころにいじめられて、女性に対してはもちろん、人付き合い自体が苦手になっているケースもあります。

また女性からの印象もマイナスからのスタートになります。いわゆるファーストインプレッションっていうやつです。

「私は見た目は気にしないわ・・・」という女性は多いですが、さすがに本音は違います。

それくらいアトピーの人は、第1印象がマイナスからのスタートなんですよね。

そのマイナススタートをくつがえして、女性にモテるというのが、いかに難しいかは、

アトピーに悩む本人じゃなくとも想像に難しくありません。

 

じゃあ、アトピー男子はカッコつけたいと思ったらダメなのか?

だからといって、アトピーに悩む男子は、女性にモテることは出来ないのか?

いえ、そんなことはありません。

安心してください!

重度のアトピーというハンデを背負っても、彼女を持っている男子も、結婚して幸せな家族を持っている男性も、この世にはたくさんいます。

むしろ、アトピー男子のことを理解して(内面を好きになって)、恋人になったり、結婚したりしてるので、しっかりした関係を気付いている印象があります。

いわゆる絆を感じます。

私のアトピー持ちの親友も、彼女と長い年月おつきあいをして、晴れてゴールインしたわけです。

アトピー男子は努力さえすれば、女性にモテることは出来るのです。

 

女性にモテたいアトピー男子が実践すべきこと

私のアトピー持ちの親友が実際に気を付けたということを、まとめてみたいと思います。

外見と中身の両面からアプローチしています。

 

その①とにかく笑顔を絶やさない

まず基本はコレです。

アトピーの人って、血色が悪く見えてしまうので、むすっとした表情だと、どこか重苦しい印象になってしまいがちです。

女性にとっては「怖い・・・」と思う人もいるでしょう。そうなると円滑なトークは出来なくなってしまいます。

たとえばネプチューンのホリケン(堀内健)は重度のアトピーもちのタレントさんです。

無表情の時は超絶こわいですが、笑顔の時はかなりチャーミングになります。


👆無表情の時のホリケン


👆笑顔でチャーミングなホリケン

無表情のホリケン、笑顔のホリケン、差はすごいですよね!

重度のアトピーの方の模範は、ホリケンの笑顔だと断言できます。

これなら初対面の方も、心を開いてトークしてくれるはずです。

 

その②明るい色の服を着る!

先ほども書きましたけど、アトピー持ちの人は、顔の血色が悪く見えてしまいます。

それに加えて、服装も暗いものを着てしまってはどうでしょう。

顔も、洋服も暗い・・・「雰囲気が暗くて、とっつきにくいヤツ」と思われるのが関の山です。

女性との初対面で、こんな印象を持たれては「詰み」です。

サッカーW杯の日本VSコロンビアのように、開始3分でレッドカードで退場をするくらいに詰んでます。

服装は黒っぽいものを避けて、白や淡色(パステルなどの薄い色)を基調としたものを中心にしましょう。爽やか路線です。

また白や淡色系の服を着ることによって、皮膚が剥がれ落ちる、いわゆる落屑(らくせつ)が洋服に付いても目立たないというメリットもあります。

黒い服だったら、落屑が粉のように目立ってしまい、不潔な印象を与えかねません。

 

その③内面を磨く

アトピーに限らず、よっぽどのイケメンでない男子が、女性にモテたかったら、やっぱり内面(人間力)を磨くのは必須かもしれませんね。

たびたび話に登場している、私の重度アトピー持ちの親友は、かなり内面がしっかりしています。

学生のころから勉強やバイトにかなり努力をしていたし、昔も今もかなり両親想いの優しいヤツなんです。

学生時代、私がその親友のデジカメを借りて、壊してしまった時も、笑って許してくれたし(ゴメン・・・)

事実、親友と結婚した奥様も、内面に惹かれたと言っていました。

 

若いうちに内面を磨くには仕事や勉強も大事ですが、いろいろな人とコミュニケーションを取って、たくさんの人間関係を経験するのが一番だと思います。

「1人が好き」「インドア派」「休日は引きこもり」・・・これでは到底、内面を磨くことは不可能のように思います。

人間関係にポジティブになって、たくさんの仲間と苦楽を共にして得られるものは、一生の財産です。

 

その④堂々とする、猫背にならない

虚勢(嘘っぱち)でもいいので、自分に自信を持ちましょう。

アトピーというハンデを背負いながらも「女にモテたい」と思う反面、

「どうせ俺なんか・・・」と卑屈になってしまうこともあるのだとか。(アトピーの親友談)

自分に自信が無いと、姿勢や雰囲気などから負のオーラが漂ってしまいます。

 

考えてみてください。

 

例えば重度のアトピー男子が、うなだれる様に猫背で、元気がなく、卑屈だったらどうでしょうか?

「あいつ、ちょっとやべぇ」みたいな感じで、女性は背中を向けてしまいますよ。

集合写真の日に病欠してしまい、左上に顔写真を貼られるくらい惨めな結果になりますよ!

 

やっぱり女性は、頼りがいのある男性に惹かれるもの。

本性は気弱でも構いません。嘘っぱちでも胸を張って、堂々と女性に接してみる。

目を見てしっかり話せば、相手の心も絶対に開くはずです。

また猫背は健康上にも悪いので、男らしく見せる意味+健康上のWの理由で、姿勢には気を付けたいところです。

(関連記事:猫背が体調不良につながる理由。自律神経を圧迫して、睡眠にも悪影響を与えます。

 

その⑤髪型はさっぱりと短髪に!

アトピー男子が短髪にすべき理由は2つあります。

まず襟足や耳周りなど、アトピーのひどい部分をケアするのが理由。

湿疹のひどい部位に髪がかからないようにするためです。

そしてもう1つの理由が、見た目を重苦しくしないためです。

重度のアトピーの人は血色が悪く見えて、どこか表情が暗く映ってしまいがち。

その上、ボサボサに伸び放題の長髪だったらどうでしょうか?

カイジみたいになればいいですが、実際はかなり重苦しい雰囲気になってしまう恐れがあります。

ばっさりカットして、すがすがしい男を演出しましょう!

 

その⑥やっぱりカッコつけることも必要!

いくら笑顔で、いくら内面を磨いても、年頃の男子だったら、やっぱりカッコつけないと女性は振り返ってくれません

まずはファッション。ハイブランドのものばかり買いあさる必要はまったくありませんが、自分に似合ったカッコいい洋服を選びましょう。

俺は中身勝負だから・・・と言って、着るものに無頓着な男は絶対にモテませんよ。

ただ洋服を選ぶ際は、化学繊維のものや、(風通しの悪い)プリント柄の多いシャツなどは、アトピーを悪化させますので避けましょう。

そういう素材の悩みが生じてしまうのは、アトピー持ちの人の大変な所ですね。

刺激の少ない綿素材を中心として、自分に無理のない範囲でおしゃれしてください。

もちろん洋服以外でも、眼鏡・財布・靴など身につけるものは、汚らしかったり安っぽいものは避けて、自分のこだわりを見せましょう。

女性は結構細かいところを見ています。

 

その⑦清潔を心掛ける!

アトピーの人は、落屑(らくせつ)といって、粉を吹くように皮膚が剥がれ落ちる症状がありますよね。

そういったものが洋服や身の回りのものに付着していては印象が良くありません。女性はかなり気にします。

洋服は、ジーパンのズボンも含めて、こまめにしっかり洗うことを心掛けたいですね。

またしっかり洗濯することは、アトピーの症状緩和にも有効です。

服装が不潔な状態だと、皮膚に悪影響なので、常にきれいな衣服を着るようにしましょう。

注意!
ここで注意したいのは、衣料用洗剤です。

市販の添加物たっぷりの洗剤は、アトピーを悪化させます。

蛍光漂白剤や合成界面活性剤といった添加物は、アトピー性皮膚炎の大敵。

ここは無添加の植物成分100%の衣料用洗剤で洗濯をするなどの工夫は最低限したいところです。

またアトピーだからと言って、シャワーや洗髪などを適当にやってはいけません。

アトピー症状緩和のために清潔を心掛けるのはもちろん、肌が粉を吹きまくっていたり体臭がきつかったりしたら、もう目も当てられません。

夏場とか関係なく、しっかりと身体や髪はしっかり洗いましょう!

ただし市販のボディソープやシャンプーは着色料や香料、石油成分の合成界面活性剤などアトピーを超悪化させる添加物(化学物質)のオンパレードなので、絶対使っちゃだめです。

(関連記事:石鹸・ボディソープは無添加がおすすめ。肌に悪い添加物がアトピーや湿疹を悪化させます。

男性用の無添加のボディソープ&シャンプーを使えば、化学物質の強い刺激が皆無なので、アトピー持ちの人でも無理なく身体をきれいにできます。

アトピー男子御用達のZIGENの無添加スカルプケア商品ならば1本でボディソープとしてもシャンプーとしても使えます。泡立ちや洗浄力を演出する合成界面活性剤も、石油系のものは一切使用せず、純せっけんの自然のものしか使用してないので、肌への刺激は最大限に抑えられるのがポイントです。

<公式サイト>


まとめ。カッコつけたいアトピー男子へ。

重度アトピーを抱えた私の親友は語っていました。

アトピーは大変な病気だと。

見た目からの偏見もあるし、理解してくれない女性も多いと。

しかも医療費はもちろん、肌に刺激の少ない日用品(石けん、シャンプーなど)も含めて、出費もかさんでしまうらしいです。

きっと何かの縁で、この記事を見ているアトピー持ちの方も同じでしょうか。

もしそうならば、今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

嘘っぱちでもいいから、自分に自信をもって、いっぱいカッコつけましょう!

100人の女性のうち、1人に響けばいいんです。

人生ネガティブになって1人にも響かないよりかは、断然素敵で面白い生き様じゃありませんか。