人生を今よりちょっと楽にしよう!

高校生・大学生が牛丼屋チェーン店でアルバイトをしてはいけない理由。あのワンオペよりやばい理由があるぞ!

どうも!

過去にたくさんのアルバイト経験がある管理人です!!

今日は私の経験を活かして、バイトについて書いていこうと思います。

題して・・・

 

高校生・大学生が牛丼屋チェーン店でアルバイトをしてはいけない理由です!

 

さまざまな観点から、「高校生・大学生が牛丼屋チェーン店でアルバイトをしてはいけない理由」を考えていきますので、ぜひ目を通していただければ嬉しいです!

 

今日の記事はこんな人に読んでほしい!

  • 高校生、大学生で現在アルバイトを探している人
  • 高校生、大学生で現在牛丼屋チェーン店で働いており、仕事に不満がある人
  • 高校生、大学生の子供のいる親御さん

 

私も過去に牛丼屋チェーン店でアルバイトをしていた!

私は高校生時代から数々のアルバイトをしてきました。

牛丼屋チェーン、レストラン、古本屋チェーン、遊園地、デパ地下、宅急便などなど・・・

その中でも一番在籍期間が長かったのが、牛丼屋チェーン店です。

酸いも甘いも味わいましたし、一応牛丼屋業界のちょっとした「事情通」と言ったら大げさでしょうか。

牛丼屋で働いていた頃の知り合いもまだお店で働いていますし、情報も取り合っているので、

現在の牛丼屋チェーン店の実情も把握しています(というか昔とそう変わっていない)

 

その牛丼屋の実情を考えると、やっぱり高校生・大学生にはおすすめできない仕事だなと、実感しています。

誤解の無いように、最初に行っておきますが、

 

悪い仕事ではありません。

 

やりがいをもって仕事をされている方も(少なからず)います!

 

しかし高校生・大学生の人にはおすすめするような仕事では無いかなと感じています。

具体的な理由を挙げていこうと思います。

 

高校生・大学生に牛丼屋アルバイトをおすすめできない理由!

理由その①:同年代の知り合いができにくい(もちろん恋人もだ!)

学生のアルバイトって、お金だけが目的じゃないです。

青春時代の1ページに刻まれるほど、大事なのが学生時代のバイトです。

学校ではなかなか接点が無いような、同年代の友人をつくることもできます。

 

あこがれませんか?

バイトで同年代の仲間とワイワイ仕事をして、たまにみんなでパ~っと打ち上げに行く(酒は20歳からねw)

私はそういうことこそ、学生時代のバイトの醍醐味と思っていましたしね~

 

そしてもちろん、

バイト先で、彼女・彼氏をつくれればいいなぁ~とムフフな妄想を抱いている方も多いはずですよね??

そりゃそうです。

新しいバイト先で可愛い女の子が働いていたら、男ならちょっと、いやかなりテンションが上がるはずです!

 

しかし、牛丼屋チェーン店のアルバイトで、そういう体験をするのはちょっと難しいかな~

理由はひとつ。

牛丼屋は値段が安いから、人件費を削って利益を出さないといけません。

何が言いたいかというと、必要最低限のスタッフ人数でお店を営業します。

学生さんのバイトだったら、夕方5時6時~夜10時までの晩ご飯の時間帯でしょう。

晩ご飯の時間帯は、地獄のような忙しさのお店をのぞいては、2人で営業します。多くて3人です。

 

2人の場合は、接客1人、厨房1人の体制で、お店をまわします。

高校生同士での営業はまずありません。ですので高校生が、同じく高校生の友人(恋人)を作ろうとするのはほぼ不可能。

大学生同士なら可能性がありますが、接客1人厨房1人の状態でもくもくと仕事をするため、ワイワイ仲良く仕事をするイメージはありません。

まして気の合わない人との組み合わせだったら、最悪です。

 

もちろん、組み合わせによっては、

夜まで仕事をしている(面倒くさい)30代40代ベテランと一緒に仕事をする可能性も高いです。

そして後にも書きますが、夜は外国人スタッフとの組み合わせになることも多いんです。

青春時代のアルバイトの思い出が、あまり話せない外国人との仕事しかないなんて、ちょっとさみしい!!さみしすぎる。

 

ここまでのまとめ

 

牛丼屋は必要最低限のスタッフ人数(2~3人)なので、同年代の仲間とワイワイ楽しくやるような職場では無いよ!

もちろん彼女・彼氏なんて夢物語だ。

 

ただし超年上の恋人がほしいのならば、ワンチャン!

 

理由その②:社員が常駐していない

牛丼屋チェーン店の特徴として、社員がそのお店にいないことが挙げられます。

牛丼屋チェーン店の会社は、お店の数の割に社員数がすっごい少なくて、

社員1人で、3店舗も4店舗も見ているのが普通にあります。

もちろんそういう場合はバイトリーダーの人はいますが、学生さんが働く晩ご飯の時間帯にはいないケースも多いんです。

 

なんだ、社員がいないなんて超ラッキーじゃん!

 

こんな風に思う子も多いと思いますが、長い目で見たら社員は絶対いたほうがいい

高校生・大学生のアルバイトって、社会経験を積むことも大事な目的のひとつなんです。

若いうちは、社員さんにあれこれ教わって、社会というものを覚えていく。

もちろん仕事だけでなく、モラル・仕事に対する考え方・その他一般常識のことを教わっていくんです。

 

私なんか、学生時代、床に落とした味噌汁お椀を、洗わないで使おうとして、社員さんに思いっきり怒られたりしました。

今じゃ考えられないけど・・・

 

学生にとっても、社員はうるさい存在です。

しかし高校生、大学生時代のバイトで、社員から放置されて適当にする仕事と、社員にあれこれ注意されながら真剣に取り組む仕事・・・

どちらが将来的に自分のためになるでしょうか?

将来就職活動するときに、胸を張って「学生時代に取り組んだものはアルバイト。厳しい社員の方に色々と指導していただき、たくさんのことを学びました」というほうが格好いいでしょ?

 

また社員がいないと、仕事でトラブルが起きたときに、かなりテンパります。

急に客が切れだした。券売機がぶっ壊れた。レジがおかしくなった。いろいろあります。

そんなときに社員に放置されているお店の場合、学生スタッフがみずから対応するケースももちろんあります。

ブチ切れている客の前で、冷静にトラブルを処理できる学生なんていません。そうとうテンパる。

 

しかし社員が常駐しているお店ならば、トラブルが起こったらすべて社員さんにおまかせするだけOK!

客に必死に謝罪する店長の後ろで、涼しい顔して仕事をしていればいいんです。

ここまでのまとめ

 

社員がいないからラッキーじゃなくって、社員にいろいろ教えてもらいながら、社会経験を積んでいこう!

そして面倒くさいことが起こったら、すべて社員に振ってしまおう!

 

社員はあなたより給料が高いんだから、気にすることは無いっすよ

 

理由その③:牛丼屋の凶悪イベント「ワンオペ」を体験できる

一時期、某牛丼チェーン店で問題になった「ワンオペ」別名「一人まわし」

ワンオペとは、ワンオペレーションの略で、お店にスタッフが1人しかおらず、接客も厨房も、トラブル対応もすべて1人でこなさなくてはいけない悪魔の勤務体系です。

ワンオペって暇な時間帯だけでしょ~?と思いきや、そんなことは無い。

がんがんお客さんが入ってくるケースももちろんノーマルです。

ダッシュでお茶を出して、ダッシュで厨房まで戻り商品を作る。

そしてダッシュで商品だした後は、ダッシュで下げモノをして、ダッシュで洗い物をする。

その間、どうしても営業が後手後手になってしまうから、怒るお客さんもたまにいる。

ただでさえ、ワンオペはきついのに、客に怒られたりしたら心が折れます。その間に酔っ払いや面倒くさい客が登場したら、真の修羅場になります。

一体前世でどんな悪さをすれば、こんな仕打ちを受けるのか・・・?そう思わせるのが牛丼屋バイトの名物「ワンオペ」なんです!

 

一時期問題になったワンオペですが、2019年現在でもワンオペは普通に行われています。

高校生だろうが、大学生だろうが、ワンオペをやらせているお店もあるそうです。

もちろん男だろうが、女だろうが関係なし。

噂によれば、牛丼屋業界の深刻な人手不足のため、本来ワンオペにすべきではない時間帯ですらワンオペをさせているという話も・・・

 

ワンオペは企業の利益のための愚策であり、けっしてアルバイトの成長になりません。

ワンオペができないのは、仕事ができないからだ!というのは暴論。完全な間違い。

ワンオペは勤務意欲を著しく下げるもので、若者特有のイキイキした姿勢も奪います。

私は、学生にはワンオペのある仕事をしてほしくない。

ワンオペで手にするのは立派な社会経験ではなく、(利益優先主義の)企業にたいする絶望です。

ここまでのまとめ

 

ワンオペ(ひとりまわし)はベテランにまかせておけばOK!

 

理由その④:外国人労働者が急増!

牛丼屋チェーン店は深刻な人手不足なので、最近は(けっこう前からですが)外国人バイトが急増しています。

昔は中国人がメインでしたが、最近はベトナム人をはじめとする東南アジア系の人がたくさん!

学生さんが働く晩ご飯の時間帯は、とくにベトナム人をはじめとする外国人バイトが多いです。

 

ですので学生さんが牛丼屋でアルバイトをする場合、外国人バイトとコンビをすることが極めて多くなるでしょう。

(注)地方はまだ外国人バイトは珍しいですが、都心では非常に増えています

 

先ほども書きましたが、やっぱり学生バイトは、同年代の仲間とワイワイ仕事をするほうがいいですよね。そっちのほうが楽しいし、人脈も増えるし。

もちろん異文化の外国人との仕事も学ぶ事はあるでしょうが、日本語の疎通の難しい外国人もふつうに採用しますからね、牛丼屋業界は。

大事な青春の1ページが、言葉の通じにくい外国人とのバイトというのは、私はおすすめできないかな~

ここまでのまとめ

 

たまにほとんど日本語が話せない外国人が働いてるから、ホントビビるぞ!!まじで!

 

最後に大事なことをまとめるぞ!

まあ、いろいろ書いたけど、牛丼屋の仕事も悪いことばかりじゃない。

牛丼の食事補助(無料だったり割引きだったり)があるし、走り回るから運動不足解消もできる。

時給も安い方では無いしね!

でもやっぱり学生さんには、もっとイキイキとできる環境の職場で、じっくり社会経験を積んでほしいかな。

 

牛丼チェーンでの仕事が向いている学生さんの条件は・・・

・牛丼を腹いっぱい食いたい

・異性との出会い、べつにバイト先でしなくてもいいやの精神の人

・年上と仕事がしたい、同年代の子と働きたくない

・外国人とくに東南アジアの人と知り合いたい

・どんなに忙しくても、一人で仕事がしたい特異体質の方

このくらいかな・・・ってどんなまとめ方しとんねん。

 

・バイトが決まればお祝い金最大1万円がもらえるアルバイト探し【マッハバイト

 

・東京都内飲食店のバイト探しはココ!下見用の無料クーポン券がもらえて、なおかつお祝い金制度もある【ペコリッチ

 

どうせアルバイトするんだったら、お祝い金のあるアルバイト情報サイトで、仕事を選ぼう!!