人生を今よりちょっと楽にしよう!

疲れが取れない私が半身浴を始めたら体調が良くなった話と、おすすめ半身浴方法

みなさま、こんにちは。お風呂大好きのKagaribi(管理人)です。
今日は、半身浴を取り入れたら、身体がすんごく楽になった!元気になった!という体験談を話そうと思います。
みなさんが半身浴の良さを感じてくれれば、とてもうれしいです^^

私のお疲れ生活

私は毎日10時間ほど立ち仕事をしているので、とても疲労がたまりやすい生活を過ごしています。

なんとか、疲れを少しでも取りたい!とお風呂に入ったりしていましたが、疲れが取れたと感じるのは、お風呂から出た直後だけ・・・

何時間か経った後は、身体が重いな~とか、だるいな~という風な感じになっていました。完全にお疲れ生活ですね(汗)

ためしに半身浴をやってみた

そんなある日、テレビでたまたま見たのが半身浴のこと。全身浴より、半身浴で長時間入浴したほうが効果がある!みたいな特集でしたが、私はピン!と来ました。

そうだ、半身浴をやってみよう。

本当のことを話すと、最初はどうせ高い水道代とガス代なんだから、長時間入浴したほうがお得だよね~みたいな動機だったんですが(笑)

実際、半身浴をやってみたら、思いのほか身体がポカポカ、体調も長い時間調子が良くなる・・・といいことづくめだったんです。

半身浴、なんだかいいかも!

いままでの全身浴、なにがダメだったのか?

半身浴をする前の入浴方法は、めちゃくちゃ熱いお湯で全身浴をするスタイルでした。ほんとあごの上まで浸かるくらい。

でも、熱いからすぐお風呂から出てしまうんですよね。江戸っ子かよ!!って感じですが、そうしないとお風呂に入った気がしなかったんです。

でも今思うと、その入浴方法がダメだったんです。

  • 入浴時間が短いから、すぐ湯冷めする
  • お湯が熱すぎて、動悸がする(心臓に負担)
  • お風呂から上がったら、ほてりすぎて何もする気が起きない
もしかしたら、疲れを取るためのお風呂で、逆に疲れてしまっていたのかもしれませんね。

私が試した半身浴の方法

特別なことはしていません。よく一般的に言われている半身浴方法ですよ。

  • ある程度のぬるま湯(おそらく38℃前後だと思います)
  • 「みぞおち」くらいまでお湯につかる
  • 20分以上は半身浴する
  • お湯の温度が下がるのでフタをする
  • ペットボトル持ち込みで水分補給

こんな感じです。テレビでやってた通りに実践しました(笑)

具体的に、半身浴は何がいいのか

血行がかなり良くなる!

ぬるま湯で長時間入浴することで、血行と新陳代謝が良くなります。

血行が良くなれば、身体の痛いところも緩和されるし、コリもだいぶほぐれます。冷え性にも効果があるでしょう。

高温のお風呂に短時間浸かっただけでは、体温は一時的に上がるけど、体の芯からあったまるとは思えません。

デトックス効果が期待できる!

長時間半身浴をすると、じんわり汗が出てきます。汗がドバっと出るんじゃなくて、じんわりと。これにより無理なく老廃物をゆっくりと体外に排出できます。

いわゆるデトックス効果ってやつですね。

副交感神経(リラックス)が優位になる

ちょっと小難しいんですけど、ぬるま湯で長時間入浴することで、副交感神経という自律神経が優位になるんですよ。

副交感神経とは、簡単に言うとリラックスさせる神経。つまり半身浴はリラックスできる(簡単すぎ!)

逆に熱いお風呂だと交感神経を刺激することもあります。交感神経はリラックスとは真逆なので、あまり良くはないよね(これも簡単すぎ!)

心臓に負担がかからない!

個人的にはこれなんですよね・・・

熱いお風呂から上がると、どうしても心拍数が上がる感じで、最近では動悸も感じるようになった(年かな・・・)

「みぞおち」までお湯に入る半身浴なら、心臓に負担がかかりません!

私は半身浴を取り入れてからは、変な動悸を感じることは無くなりました。心の底からリラックスすることを実感できるようになりました。

半身浴がもっとはかどる、おススメの方法

入浴剤を入れる

これはおススメというよりかは、必須といった感じですね。長時間入浴することで、入浴剤に含まれる重曹成分とか炭酸成分がじっくり効いてくるような気がします。

アロマバスを入れる

女性なら、アロマバスのほうがいいという方は多いでしょうね。

ほんのちょっとお風呂に入れるだけで、美しい香りが浴室いっぱいに広がります。この香りが身体をさらにリラックスさせてくれます。もっともっと疲れが取れるはずです。

ラベンダーの香りもいいですが、私はミントの香りに凝っています。荒ぶった神経が浄化されるような感覚がクセになります^^


アロマバスエッセンス(ジャパニーズミント&クマザサ)

≫Kagaribiおすすめのアロマバスが購入できるお店に行ってみる

お湯の温度を下げないために、湯舟にフタをする

これほんと大事です。ぬるま湯からスタートするので、20分~30分後にはお湯の温度がかなり下がっていることもあり得ます。そうなると湯冷めの心配も出てきます。

追い炊きのできるお風呂をお持ちならいいでしょうが、たいていは無いですからね・・・

ただ完全にフタを閉めてしまったら、自分が入れなくなってしまいます!

ここで必要になるのが半身浴ボードです。これがあれば、湯舟から顔を出しつつも、フタをしっかり閉めることができます。かなり優れモノなんです。冬は絶対に必要ですよ。

≫半身浴ボードが購入できるお店に行ってみる

お風呂に本や雑誌を持ち込む

やっぱり半身浴って、長時間お湯につかることが大事。そこで何が困るって、何もすることが無いんですよね。歌を歌うにしても、私はアパートだからお隣さんに絶対に聞こえる(笑)

そこで私が考えたのは本や雑誌を持ち込む!そうすればあっという間に時間が経っていきますよ。

え?本とか雑誌とかがお湯で濡れちゃう??

大丈夫!!実は私、面白いものを発見しちゃいました。お風呂に浮かぶブックスタンドというのがあったんですよ♪

👆これがお風呂用のブックスタンド。かなり便利です。

👆私のお勧めするお風呂ブックスタンドは2kgのものまで乗せても沈まないので、たいていの本や雑誌は大丈夫。防水のスマホやタブレットも乗せることができるんです。

👇おすすめのお風呂用ブックスタンドを見てみたい方はこちらかどうぞ

沈まず、安定感も抜群
お風呂に浮くブックスタンド

半身浴のまとめ

半身浴スタイルにしてからは、入浴の効果がかなり上がったと実感しています。日々疲れが取れないな~と嘆いている方は、一度半身浴を取り入れてみてはいかがでしょうか。

風邪ひきそう!と誤解されている方もいるかもしれませんが、長時間の入浴で血行が良くなり、身体の芯からあったまれば、免疫力が上がります。免疫力が上がれば、風邪はひきにくくなりますよ。

あ、そうそう。半身浴ならば、水道代やガス代の節約になる!とういうのはちょっとした豆知識です。

皆様もぜひ!!

本日は記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。