人生を今よりちょっと楽にしよう!

「自律神経の乱れ」とは?原因と症状を分かりやすく解説します。

今日は自律神経について、掘り下げていこうと思います。

「自律神経って聞いたことがあるけど、どういうものか分からない・・・」

そんな方も多いと思いますが、人生を楽しく豊かに暮らしていくためには自律神経の知識は持っておいたほうがいいです。

自律神経が乱れて、しっかりと機能しないと、体調や精神状態がくずれて楽しい人生は歩めない心配があります。

逆に言うと、

「健康診断では何も異常がないのに、毎日調子が悪い」

こんな悩みを持つ人は、もしかしたら自律神経に問題が発生してるのかも。

でも自律神経の乱れは、薬の力を借りずとも、個人の力で改善できます!

そして改善出来たら、驚くほど人生が活動的で、豊かなものになるのです

自律神経を学べば、明日からイキイキとした自分になっているかもしれません。

この記事を最後まで読めば、自律神経の乱れの原因、症状がとても良く分かると思います。

そしてもしも自分に当てはまってるな~と感じた方は、ぜひ自律神経の乱れを改善を意識したほうがいいですね。

関連コラム

自律神経の「改善方法」記事はこういうのもあります。

自律神経の乱れの簡単な治し方とは?倦怠感でやる気が出ない人もサクッと改善しよう。

 

自律神経って何?

生命をつかさどる神経系統

自律神経とは、脊髄(せきずい)などから全身の器官や内臓に伸びる神経系統の事です。

脊髄からたくさんの神経が伸びており、眼や心臓や肺など人間の身体のほとんどの場所とつながっています。


(上図:自律神経の様子、黒い線と白い線はすべて自律神経系)

自律神経は、呼吸・代謝・消化・心臓の拍動・血液の循環などなど、人間が生きるうえで必要な生体機能をつかさどっています。

自律神経は、自分の意志では動かせないのが特徴です。

自分の意志で、「心臓を止めるぞ!」「血圧を低くするぞ!」とかできませんからね。

そういう人間の意志で制御できない生体機能を、自律神経が制御してくれています。

 

自律神経には2種類ある

人間の生体機能を制御する自律神経。

これには2種類あります。

交感(こうかん)神経副交感(ふくこうかん)神経です。

交感神経と副交感神経は、相反する働きをします。

例えば、血圧を例に取ると、

交感神経→血圧を上げようとする

副交感神経→血圧を下げようとする

という風に、交感神経と副交感神経が全く逆の働きをします。

2つの神経が同時に働きませんが、「その時の必要に応じて」相反するように働きます。

先ほどの血圧でわかりやすく説明すると、

「今から仕事だ!頑張ろう!」というときに、交感神経が働き、血圧を上げてくれます

「今日は仕事を頑張ったから、今日の夜はゆっくり休もう!」というときには、副交感神経が働き、血圧を下げてくれます。

また逆に、

血圧が上がり過ぎているから、副交感神経が血圧を下げてくれたり

血圧が下がっているから、交感神経が血圧を上げてくれたり

こんな風に生命活動の状態がおかしな方向へ行かないようにするホメオスタシス(恒常性)というバランス機能も搭載されています。

 

交感神経はアクセル、副交感神経はブレーキ

交感神経はアクセルに例えられるように、人体を活動的に、精神を興奮状態にしてくれます。

日中、元気にイキイキと活動するうえで重要なのが交感神経ですが、

あまり暴走すると多大なストレスの原因になってしまいます。

また副交感神経はブレーキに例えられているように、人体をリラックスモードに、精神を休息状態にしてくれます。

夜寝る前など、しっかり休みたい時に重要なのが副交感神経です。

しかし副交感神経の働きが強すぎると、日中も活動的になれず、なんだかいつも元気が無い・・・こんな状態になる心配があります。

 

交感神経と副交感神経の働き

2つの自律神経のそれぞれの働き、人体に与える影響を表にしてみました。

ほんのごくごく一部ですが、なんとなくイメージはつかめると思います。

 交感神経の働き副交感神経の働き
瞳孔大きくなる小さくなる
心臓心拍数が増える心拍数が減る
血管血圧が上がる血圧が下がる
汗をたくさんかく汗を抑える
排泄尿や便を抑える尿や便を出す
興奮するリラックスする

 

自律神経の乱れのメカニズム

ここまで読んでいただいて、自律神経(交感神経と副交感神経)がなんとなく分かっていただけたと思います。

交感神経と副交感神経は、本来相反するように働き、うまくバランスを取れていないといけません。

しかし色々な原因で、バランスが崩れてしまいます。

いわゆる「自律神経の乱れ」というやつです。

自律神経が乱れてしまうと、さまざまなトラブルが私たちを襲います。

 

メカニズム①一方の過剰な働きで、バランスが崩れる

ホメオスタシス(恒常性)という機能のおかげで、交感神経と副交感神経はバランスを取って働いています。

しかし自律神経が乱れる人は、どちらかが過剰な働きをするケースがあります

たとえば交感神経の働きが過剰になり過ぎる人は、ストレス過敏でイライラがしやすかったり、汗をかきすぎたり、血圧が上がり過ぎたりします。

逆に副交感神経が過剰に働く人は、日中も気力が低下しすぎたり、血圧も下がり気味で活力が無かったりします。

車だったら、アクセルが強すぎてブレーキがぜんぜん効かない!!とかそんな状態です。

そんなおかしい車で人生という長い道を運転したくは無いですよね・・・

 

メカニズム②スイッチが入らない

本来は、朝起きたら、交感神経にスイッチが入って、活動的になる。

夜寝るときは、副交感神経にスイッチが入って、休息モードになる。

これが正しい自律神経の働きなんです。

しかし自律神経の乱れは、このスイッチに不具合が生じます

交感神経のスイッチが入らなかったら、仕事や勉強をすべき時でも、やる気が出ないです。

休みの日も趣味や買い物に精を出そうと思っても、なんだか疲れ気味で、けっきょく家でゴロゴロするはめに・・・

逆に副交感神経にスイッチが入らなかったら、

夜寝る時でもイライラ・ピリピリして、満足に休息を取ることができません。

ゆっくり休むことができなくなるので、免疫力が下がり、身体に不調があらわれるでしょう。

 

自律神経が乱れる原因

では、自律神経が乱れる原因とは何なんでしょうか?

答えは日常の中にあります。

原因①強いストレス

仕事が忙しすぎる、休みが無い。職場の人間関係。お金。健康。

現代人は生きるうえで、信じられないほど強いストレスを抱えています。

「自律神経の乱れ」の原因のダントツ1位は、まさにストレス。

強いストレスを抱えると、自律神経に異常をきたし、さまざまな悪影響が出てくるのです。

 

原因②生活習慣の乱れ

これは忙しく働いてる人が陥りやすいことです。

生活習慣といっても色々ありますが、

・睡眠時間(寝る時間・起きる時間)が不規則

・食事の時間・回数が不規則

・休みの日に長時間睡眠をしてしまう

・長い時間昼寝をしてしまう

こういった生活習慣の乱れは、生命をつかさどる自律神経の乱れを引き起こします。

 

原因③運動不足

激しい運動でなくても構いません。ウォーキングなどの軽い運動はとても大事です。

軽い運動すれば自然に交感神経のスイッチが入り、日中は活動的になれます。

そして朝日を浴びて運動すれば、その日の夜にしっかり睡眠を取ることができます。

朝の軽い運動はセロトニンの生成を手助けして、良質な睡眠につながるのです。

(関連記事:セロトニンとメラトニンの関係を理解して、良質な睡眠をとりましょう

また夕方にも軽い運動をして体温を上げておくことで、夜に自然な形で副交感神経(休息モード)にスイッチが入ります。

 

原因④しっかりとした睡眠を取れていない

質の悪い睡眠は、自律神経の働きをも阻害します。

就寝直前に熱いお風呂に入っていませんか?ベッドの中でスマホをいじっていませんか?

ぐっすり寝るための方法8選」の記事で、質の良い睡眠を取るための方法をまとめました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

自律神経の乱れの症状とは?

では自律神経が乱れると、具体的にどんな症状があらわれるのでしょうか?

もしあなたが健康診断で何も指摘されていないのに、以下のような症状に悩んでいたら、自律神経にトラブルが発生している可能性があります

その場合は、この記事の最後で紹介する、「自律神経の乱れを治す」記事にぜひ目を通してみてください。

 

症状その①原因が無いのに、体調が悪い&体がだるい

悪い病気でもないのに、体調がすぐれない。身体もなんかだるい。

原因不明の体調不良と表現されることも多いですが、これは自律神経の乱れの可能性が高いです。

まず交感神経のスイッチが入らず、日中に活動的になれない、やる気が出ないというケースがあります。

もうひとつは、夜に副交感神経のスイッチが入らず、しっかりとした睡眠・休息が取れずに、それゆえに日中に疲れが残っているケースです。

どちらも強いストレスが原因であることが多いのです。

 

症状その②うつ状態になる

自律神経の乱れと、うつ病は近い症状が出るため、見極めが非常に難しいとされています。

日中活動的にしてくれる交感神経が働かないと、常に元気が出ない、落ち込んだような状態がつづきます。

自律神経の乱れが重症化すると、まるでうつ病のような精神状態になることもあります。

イキイキとした人生を歩むためにも、自律神経の乱れには本当に気を付けたいところです。

 

症状その③情緒不安定になる、イライラが止まらない

これは②うつ状態と真逆です。

こちらは交感神経(興奮をつかさどる)が常に優位になってしまっていて、ストレス状態&イライラ状態が続きます。

夜もゆっくり肩の力を抜いて休息することが難しいために、人生どんどん消耗していってしまいます。

高血圧と関連があるため、大きな病気へとつながりやすい症状でもあります。

 

症状その④頻尿や多汗

頻尿や多汗も、自律神経の乱れから来る症状です。

度合いのきついケースも多いため、生活に支障を与えることもあります。

MEMO

自律神経の乱れから来る多汗のメカニズム。

体温が上がる→交感神経が汗をかかせる働き→交感神経の働きが異常すぎる→信じられないほどの汗の量

症状その⑤便秘

便秘と自律神経にも密接関係があります。

便秘は体調不良の一因でもあるので、早急な対策が必要です。

(関連記事:便秘が人生をダメにする。便秘の恐ろしい症状8つと、すぐに効果がある対処法

 

自律神経の乱れの症状まとめ

自律神経の乱れの症状の代表的な例を挙げさせていただきました。

みなさんはどうでしょうか?

個人的に思い当たるフシがある方は、多いのではないでしょうか??

症状①と②はとくに重要で、大事なことは「原因不明の体調不良」と思われてしまうことなんです。

なんだか体調が悪いから、暇なときはベッドでゴロゴロ・・・こんな味気ない人生になってしまうかも。

 

休みの日も何だか体調が悪い。ずっと気分が悪くて、心から笑えない。

こんな人生は、ほんとうに寂しいものです。

私は絶対イヤです。

大事なことは自律神経に関して正しい知識を身につけて、

体調に問題がある場合は、自律神経の乱れを解消する努力をする。

そうすれば必ず本来のイキイキとした人生を取り戻すことができます!

「自律神経」って、それほど大事なものなんです。

 

 

以上、自律神経の乱れの原因と症状のお話でした!