人生を今よりちょっと楽にしよう!

【金欠対策】もうお金が借りられない人に読んでほしい、今すぐ家計が万単位で助かる4つの方法

「もうこれ以上お金が借りられない」

「カードローンも契約できない」

こんな感じで経済的に追い込まれている場合、もしも給料日前に金欠になってしまったらどうしますか?

現金が致命的に足りないわけですから、かなり切羽詰まると思います。

知り合いにお金を借りてしまったり、払うべきものを滞納してしまったり・・・

なけなしのお金で一発逆転を信じてギャンブルしてしまったり、消費者金融に駆け込んでしまったりしたら、もう目も当てられません。

 

悩んで悩んでメンタルがおかしくなる前に、ぜひ今回の記事を読んでみてください。

今回の記事のテーマは・・・

  • ガチで金欠で追い込まれている
  • もうこれ以上お金を借りられない
  • 今すぐ効果の出る対処法を知りたい

こういった人に読んでもらいたいものです。

 

ではすぐに本題に移りたいと思います。

 

これ以上お金が借りられない人のための、今すぐできる金欠の対処法

その1.(クレジットカードがある場合)ショッピング枠で商品券を買う

クレジットカードのキャッシング枠は使い果たした。カードローンもこれ以上組めない。

でもクレジットカードのショッピング枠はまだ残っている。

こんな場合は、残っているショッピング枠を有効利用して、少しでも家計の足しにすべきです。

 

普通にクレジットカードで買い物をするだけでもいいのですが、

急な出費だったり、税金などの支払いだったり、子供の出費だったり、やっぱり現金が必要なケースは多いですよね?

 

ですのでクレカのショッピング枠で現金を作る・・・という限りなく黒に近いグレーな方法にも手を出すことも時には必要になってくるかもしれません。

とはいっても、ショッピング枠の現金化業者に頼むのは、完全に黒。おすすめできません。

 

私のおすすめ技は、クレジットカードで商品券を購入して、それをそのまま近場の金券ショップに売りに行くことです。

商品券は換金率が高く、1000円の商品券が950円~970円で売れたりします。

(商品券は、百貨店共通商品券でも、JCBギフトカードとか、グルメカードとかそういった一般的なものです。)

商品券はその換金率の高さから、クレカのショッピング枠の現金化に使われることもしばしばですが、

その行為自体はクレジット会社は認めていませんので、そこは頭に入れておかないといけませんね。

 

街にある金券ショップって、クレジットカードで商品券が買えるの?

いいえ。大黒屋をはじめ、街にある金券ショップは基本的にクレジットカードは使えません。

 

ならばクレカで商品券を買うならネット通販?

そうです。クレカで商品券を買う場合はネット通販です。しかし商品券を取り扱っている楽天市場ですが、楽天市場の場合、商品券はクレジットカードが使えないんです。

 

では、どこならば、クレカで商品が買えるの??という話になります。

クレジットカードが使える、商品券専門のネット通販といえば、一番有名なのが『金券ねっと』です。

金券ねっとならば、クレジットカードで商品券が買えます。

しかも注文して即日発送してくれるから、自宅にすぐ届くんです。

『金券ねっと』に関しては、別記事にて総力特集しています。

クレカで商品券の購入を考えてる人は、買う前にぜひ↓下の記事をご覧ください

「金券ねっと」の特徴を解説!安全性や評判など気になる点をチェックしてみました。

 

その2.(クレジットカードが無い場合)バンドルカードで金欠をしのぐ

クレジットカードがない、クレジットカードが作れない、そんな人の金欠対処法はずばり「バンドルカード」です。

バンドルカードとは、簡単に言うと後払い方式のプリペイドカードです。

一般的には、プリペイドカードというと、ICカードのように先にお金をチャージしてから使うイメージですよね?

しかしバンドルカードは、おそらく日本で唯一の後払いが選択できるカードです。

バンドルカードでは先にお金をチャージせずに、VISA加盟店のほとんどで買い物をすることができます。

コンビニ・スーパーなどの街のお店はもちろん、Amazonや楽天市場などのネット通販でも使えます。

もちろん金策その1で紹介した「金券ねっと」でもバンドルカードが使えます。

そして信用情報に傷のあるブラックの人も、バンドルカードが作れてしまうんです。

そのかわりすべて一括払いで、分割払いやリボ払いができないというデメリットがあります。

しかし給料日前の金欠を乗り切るには十分すぎるほどの方法です。

後払い方式のプレペイドの『バンドルカード』については、別記事でくわしく解説しています。

「クレジットカードの審査が通らない!」とお嘆きのあなた、ぜひバンドルカードの記事をチェックしてみてください!

後払いプリペイドのバンドルカードとは?特徴やメリット・デメリットを解説します

 

その3.家にある不要なものをひたすら売る

どんな貧乏な人にでも、家の中は色々なものであふれています。

そのほとんどに金額が付くとしたら、あなたはどうしますか??

不要なものならば、売ってお金に換えたいと思うのは、至極まっとうです。

ゴミに近いもの以外ならば、けっこう売れるものは多いです。

 

どういうものが売れるのかは、↓↓以下の記事でまとめてあります。ぜひ参考になさってください。

下の記事で紹介している買取業者はすべてネット買取(宅配買取・出張買取)ですので、自宅にいながらお金をゲットしたい人には特に参考になるでしょう。

金欠の時にも役立つ!不要品をネット買取りしてくれる業者9選【男性編】

簡単・安全に査定ができる!不要品をネット買取りしてくれる業者9選【女性編】

 

またはオークションサイトを使うのも有効です。

買取業者にお願いするよりも、時間と手間は格段にかかりますが、なんだかんだで値の付くオークションは有効的な手段だと思います。

オークションサイトは「ヤフオク!」や「モバオク!」などが有名なオークションサイトです。

 

その4.税金の支払いを現金でやらない!

これはなかなか渋い技ですが、ホワイトな方法です。

税金はのちのち差し押さえとかあるので、なんだかんだで払っておかないとならないものです。

しかも税金は万単位とかなり高額なので、確実に私たちの家計を圧迫します。

 

しかし税金を現金で払わなくて済むのならばどうでしょう。

たとえばクレジットカードで税金を払い、それをリボ払いに指定しておけば、

「現金の支出も無し」

「税金も計画的に無理なく払える」

と、かなり家計の手助けになります。

そりゃそうです。本来税金の支払いで消えていた万単位の現金が自由に使えるわけですからね・・・

税金(住民税・保険税などなど)を現金で払わずに、クレカで払う方法を、別記事で紹介しています。

ちょっと知りたい!という方は、ひと通り読んでみてくださいね!

【税金滞納に悩む方へ】住民税をクレジットカード支払いできる方法があるんです

 

さて、今回の記事はこれにておしまいです!

いかがでしたか??

私もいろいろお金の工面に苦労してきましたので、経験をもとにして書かせていただきました。

もしも今回紹介した対処法で、あなたが少しでも助かれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!