人生を今よりちょっと楽にしよう!

間違った乳酸菌の取り方はもうやめよう!生きて腸に届く生菌と死菌の2つの違いとは?

便秘をなおすために、乳酸菌を食べ物やサプリメントで取り入れている方は多いと思います。

しかし、効果を実感していますか?

乳酸菌は正しい知識で摂取しないと、最大限の効果は期待できません。

どういうことか、一緒に見ていきましょう!

 

便秘の改善には、乳酸菌は絶対必要!

便秘は、体調不良、気力の低下、お肌のトラブルなど、まさにトラブルメイカー。

便秘が悪化すると、まずイキイキした生活は送れないと思います。

(関連記事:便秘が人生をダメにする。便秘の恐ろしい症状8つと、すぐに効果がある対処法

そして、便秘を改善するために「乳酸菌」は絶対必要なんです

乳酸菌の効能をまとめてみると、

  • 腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを理想のものにする!
  • 腸内を酸性にして、悪玉菌など不要なものをやっつける!
  • 腸のぜん動運動をうながして、お通じを良くする!
そして乳酸菌のおかげで活性化した腸は、便秘を克服して、結果的に体調UP免疫向上お肌復活ダイエット効果などなどイキイキした生活を取り戻すことができます。

 

ただ乳酸菌をやみくもに取るだけでは意味ないかも

便秘には乳酸菌!ってみんな知っているので、便秘をなおすために乳酸菌を取っている人は多いと思います。

しかし、「乳酸菌を取っているけど、全然効果を感じないよ!」

そんな不満を持っている人が多いのも現実ですね。

結論から言うと、

それの原因は、同じタイプの乳酸菌ばかり取っているから。

乳酸菌は、

①生菌・・・生きて腸に届く乳酸菌

②死菌・・・死んだ状態で腸に届く乳酸菌

この2種類に分けられます。

そして、腸内環境を改善するためには、「生菌」も「死菌」もどちらも重要・必要なんです。

逆に言うと、片方だけ一生懸命取っていても、効果を感じない結果に終わるでしょう。

 

食べ物で摂取できるのは、ほとんどが死菌

日々の食事で、乳酸菌を取ろう!というのは、便秘改善の基本中の基本。

健康のため、ヨーグルトや牛乳などを毎日食べたり飲んだりしている人も多いでしょう。

しかしヨーグルトや牛乳は動物性乳酸菌と言われて、加熱処理して菌が死んだ状態のもの。

いわゆる「死菌」タイプの乳酸菌です。

ですので、乳酸菌といっても、実際に死菌ばかり摂取している人が多いのも現実と言えるでしょう。

MEMO
死菌の効能とは?

死菌は元から死んでいるため、胃の中でも形を変えずに、そのまま腸に届きます。

腸に届いた死菌は、善玉菌のエサとなり、善玉菌の繁殖を手助けします。

「バイオジェニックス」という名で、健康食品でも人気があります。

ただ死菌ばかりとっていても、善玉菌のエサだけを摂取している状態。

善玉菌の住みやすい環境を作りだす「生菌」を取らないと意味がありません。

ヨーグルトや牛乳など、死菌ばかりと摂取しているひとは、

魚の住んでいない汚い池に、必死に魚のエサを巻いているようなものなんです

まずは生きて腸に届く乳酸菌を摂取して、腸の環境を良くしていかないといけません。

 

生きて腸に届く乳酸菌「生菌」とは?

今回お話しする「生菌」の定義は、「生きて腸に届く乳酸菌」ということで進めたていきたいと思います。

なぜなら、

生きた乳酸菌を摂取しても、たいていは胃の中で胃酸によって死滅してしまい、結局死菌になってしまうからです。

乳酸菌は胃酸にすごい弱いのです。

ですので「生菌」を売りにしている乳酸菌サプリメントを使っても、胃酸の中で死滅してしまっては、「死菌」を摂取しているのと同じことになるのです。

では胃の中でも死滅しない、生きて腸に届く「生菌」とは何でしょうか?

生きて腸に届く「生菌」を分かりやすく

いわゆる「植物性乳酸菌」とよばれるものが、胃酸に強く、腸まで生きたまま届きます。

食べ物では、漬物に含まれます。

生きて腸に届いて、悪玉菌をやっつけて、さらに善玉菌が増えやすい理想の腸内環境をつくりあげてくれる効果があります。

簡単にまとめると・・・

生菌(植物性乳酸菌)→腸内を善玉菌の住みやすい理想の環境にしてくれる

死菌(動物性乳酸菌)→善玉菌のエサとなり、善玉菌の増殖を手助け

例えれば、生菌が、池をきれいな状態にして魚(善玉菌)の住みやすい環境にしてくれて、死菌が魚のエサとなってくれると言ったところです。

ですので本当に便秘を解消したかったら、

生菌と死菌、2つの種類の乳酸菌を毎日取らないと意味がありません。

死菌は食べ物(ヨーグルト・牛乳)で取ることが可能ですが、生菌に関しては摂取するのがかなり難しいのです。

乳酸菌を取っても効果が無いよ~と嘆いている人は、死菌しかとっていない可能性があるのです。

 

植物性乳酸菌のなかでも、とくに胃酸に強いのが「有胞子性乳酸菌」

胃酸に強く、生きて腸に届く植物性乳酸菌。

その中でも「有胞子性乳酸菌」と呼ばれる乳酸菌は、特に胃酸に強く、かなりの生存率で腸までしっかり届きます。

植物性乳酸菌のうち、ライラック乳酸菌ラクシス乳酸菌などが「有胞子性乳酸菌」として知られています。

これらは食べ物には含まれていませんので、乳酸菌サプリメントとして摂取するしかありません。

 

「生菌」の乳酸菌を取る方法

植物性乳酸菌は、食べ物では主に漬物に含まれてます。

しかし特に胃酸に強く、生きたまま腸に届く「有胞子性乳酸菌」は食べ物で摂取することは出来ません。

ですので「生きて腸に届く乳酸菌」を摂取したい場合、乳酸菌サプリメントを使うのが一番手軽でおすすめな方法です。

ただ巷(ちまた)では乳酸菌サプリは星の数ほどあります。

そのなかでも、胃酸に強い「植物性乳酸菌」を使った乳酸菌サプリは限られるほど。

さらに胃酸に最も強く、腸までの生存率が特に高い「有胞子性乳酸菌」を使った乳酸菌サプリは、ほんのごくわずかなのです!

結論を言うと、

生きて腸に届く「生菌」タイプの乳酸菌を取りたければ、有胞子性乳酸菌が配合された乳酸菌サプリを使うべきなのです。

 

まとめ。生菌と死菌をバランスよく摂取するのが、便秘改善のベストアンサー!

便秘を改善して、イキイキした毎日を手に入れたければ、乳酸菌を摂取して、理想の腸内環境を手に入れないといけません、

理想の腸内環境では、働き者の善玉菌がしっかり増えて、便秘を解消してくれます。

そして乳酸菌は①生菌と②死菌を両方取り入れるのが正しい方法です。

死菌は、ヨーグルトや牛乳などでも気軽に取れますし、乳酸菌飲料でもOKです。

死菌は摂取しやすい。

しかし生菌は摂取が難しいです。

とくに胃酸に強く、生きて腸に届く乳酸菌は貴重です。

有胞子性乳酸菌が含まれたサプリメントを活用して摂取を心掛けましょう。

理想の乳酸菌生活で、理想の生活を。

女性の方ならば、ダイエットやお肌にもきっといい影響が出ることでしょう!

当サイトは便秘に悩む方を目いっぱい応援していきます!