人生を今よりちょっと楽にしよう!

サンシャイン水族館で撮影した写真!大迫力のマンボウや、かわいいカワウソがおすすめです♪

f:id:nextdoor2020:20180417185423j:plain

先日、池袋にあるサンシャイン水族館に行ってきました!

というわけで、今回はサンシャイン水族館です!

サンシャイン水族館は敷地面積こそ小さめですが、とても綺麗でSNS映えするものばかりですね。

「あ、ここ手を抜いてるな~」と思える水槽が全然無いからこそ、じっくり見てまわれるし、カップルもムード満点に楽しむことができるんですよね。

私が行ったのは、平日の夕方以降でしたが、変な混雑も無く、ゆっくり楽しむことができました。

今日は私が撮った写真を載せたいと思います。

サンシャイン水族館のムードが少しでも伝わればいいな♪

 

本館1階「大海の旅」

サンゴ礁の海

f:id:nextdoor2020:20180417234702j:plain

まず入り口から入って、最初に私たちを出迎えてくれるのが、青く染まったサンゴ礁の水槽です。

小さいトロピカルな魚たちが楽しげに泳いでいます。

 

f:id:nextdoor2020:20180417234934j:plain

f:id:nextdoor2020:20180417234947j:plain

世界中の海では、いろいろな理由でサンゴ礁が死んで、消えていっているのが現実です。

「サンゴ礁再生プロジェクト」の一環で、水槽内ではサンゴ礁が育てられていました。

 

生命の躍動(生命の海・東京湾)

f:id:nextdoor2020:20180417235150j:plain

なぜか、この写真をチョイス(笑)

「生命の海・東京湾」と題して、細長い浴槽内をイワシがぐるぐると回遊しています。

イワシの大群の中に、なぜか赤いコブダイが混じっています^^

コブダイは友達がいなくて、ちょっと寂しいかも!?

 

洞窟に咲く花

f:id:nextdoor2020:20180417235807j:plain

こちらはサンゴ礁の咲く洞窟です。

洞窟ですが、暗くて怖い印象が無く、とても美しく展示されています。

オレンジのサンゴ礁を配したのが、ここサンシャイン水族館のセンスのよさでしょうね!

キンメモドキという魚の群れが、みんな同じ動きで洞窟のあっちこっちを旅しています。

 

サンシャインラグーン(1番人気)

サンシャインラグーンという展示とパフォーマンスを兼ねた巨大な水槽です。

ここにはたくさんの人が集まり、サンシャイン水族館の1番人気となっております!

f:id:nextdoor2020:20180418000245j:plain

ここでは定期的にパフォーマンスが開催されます。

そのパフォーマンスはとても面白くて、子供はもちろん熱中しますし、大人も楽しめます。

子供とかにクイズを出したりするので、家族連れの方は、パフォーマンスが始まるまで待ってたほうがいいですよ!

 

f:id:nextdoor2020:20180418000420j:plain

パフォーマンスが始まると、水槽内に飼育員のおねえさんが登場!!

飼育員さんの周りを、かわいいお魚たちが一緒に泳ぎ出します♪

 

f:id:nextdoor2020:20180418000643j:plain

と思ったら、飼育員のお姉さんが、いきなり水槽内のサメをだっこ!!

これには場内も驚きの声が!

飼育員の方は毎日サメと触れ合っているので、サメのほうも気を許してくれるのだとか♪

でも鮫肌だから、そ~っと注意深く触らないと、手のひらをケガしてしまうらしいです。

そして、おねえさんのカメラ目線もGOOD!!

 

f:id:nextdoor2020:20180418000943j:plain

館内の方では、別のお姉さんがマイク越しに色々解説してくれます♪

なかなかの盛り上げ上手で、子供たちも大分熱中していました。

ちなみに抱っこされてるサメは「トラフザメ」といいます。

 

f:id:nextdoor2020:20180418001104j:plain

お気に入りの写真^ー^

お姉さんに集まる魚の群れと、優雅に泳ぐエイです。

飼育員のみなさん、楽しいひと時をありがとうございました!!

 

環境と生命

f:id:nextdoor2020:20180418001540j:plain

1番人気のサンシャインラグーンの向かいには、ちょっとダークな水槽。

回遊する魚の大群に、時たま怖そうなサメが登場します。

こちらのサメは流石に抱っこ出来なさそうです><

 

ふわりうむ

「ふわりうむ」とはアーチ形のクラゲの水槽です。

やっぱり水族館にはクラゲの水槽は欲しいですよね!

f:id:nextdoor2020:20180418001810j:plain

照明のライティング(光を当てること)も抜群で、幻想的なクラゲを楽しむことができます。

半透明の美しいクラゲに、思わずため息が出ます。

 

f:id:nextdoor2020:20180418001928j:plain

アーチ形の水槽なので、頭の上を飛ぶようにクラゲが泳いでいきます。

ふわふわ浮かぶクラゲは、なんだか宇宙を漂っているみたいです。

 

マンボウとの出会い

来ました!!マンボウ!!

私の一番のお目当てです(笑)

 

f:id:nextdoor2020:20180418002301j:plain

マンボウ、どーん!!

 

大きな水槽に、マンボウが一匹、超ゆっくりと泳いでいます。

しかもガラス面のギリギリを泳いでくれるので、かなり間近で巨大マンボウを見ることができます!!

はじめて、こんな間近でマンボウを見ることができました!

まさに未知との遭遇です(嬉し泣)

 

本館2階「水辺の旅」

アマゾンや東南アジアの川に住む魚たち

2階は、世界を旅した気分になれる展示スペースです。

アマゾン川や、東南アジアの水辺、マングローブの森といった、世界の魚たちを、その土地と同じ雰囲気の水槽で、見事に再現しています。

f:id:nextdoor2020:20180418002924j:plain

f:id:nextdoor2020:20180418002955j:plain

f:id:nextdoor2020:20180418003411j:plain

 

 

両生類や爬虫類の世界

これは好き嫌いが分かれるかもしれませんね!

亀やカエル、トカゲ、ウーパールーパーが展示されています。

私はカエルが大の苦手なので、急ぎ足でスルーです!

ですので写真はありませんのですよ(震え声)

 

f:id:nextdoor2020:20180418003608j:plain

「ビルマホシガメ」

よちよち歩きは可愛いですが、よく見ると気持ち悪いです(失礼)

 

f:id:nextdoor2020:20180418003819j:plain

「ガイアナカイマントカゲ」

こっちはぱっと見は気持ち悪いですが、良く見るとそこまで気持ち悪くありません。

寝てるから、まだマシなのかもしれません。

ただ朝起きて、となりにこんなのが寝ていたら、全力で追い出すことでしょう。

 

両生類・爬虫類コーナーは女性にはあまり人気がありませんが(ウーパールーパー覗く)、男の子には絶大な人気があります(笑)

ですので男のお子様と一緒の場合、お母さんも頑張って2階に行きましょう!

 

湖に住むアザラシ

気持ち悪い両生類・爬虫類コーナーの隣には、可愛らしいアザラシちゃんの水槽があります。

ですので、アザラシちゃんを見たい女性の方は、いやがおうにも両生類・爬虫類コーナーを通過しなければなりませんねぇ(ゲス顔)

アザラシの水槽は、カップルのアザラシ2頭が健気に仲良く暮らしています。

f:id:nextdoor2020:20180418004559j:plain

アザラシ2頭の顔写真。顔加工アプリのSNOWでも使ったのかな?

 

f:id:nextdoor2020:20180418004547j:plain

肝心の写真は、全然撮れず。

真っ暗&アザラシが速いため、高感度撮影でも全く写真が撮れませんでしたぁ・・・

自分の力の無さを実感しました(泣

アザラシを間近で見たい方は、ぜひサンシャイン水族館に行ってみましょう!

 

沖縄の海

f:id:nextdoor2020:20180418005049j:plain

世界最大の青サンゴ礁が広がる石垣島の白保の海を再現した水槽です。

日本にもこんな貴重なサンゴ礁が残ってるなんて、なんだか素敵です。

ぜひ未来に残したい「日本の景観」であります。

 

グレイトバリアリーフ

f:id:nextdoor2020:20180418005309j:plain

オーストラリアが誇るサンゴ礁地帯のグレイトバリアリーフの水槽です。

サンシャイン水族館の中で、もっともカラフルで、SNS映えする水槽と言っても過言ではありませんね。

(マンボウもかなりSNS映えするけど)

これを見ていると、実際オーストラリアでスキューバダイビングしたい気分になりますよ♪

 

 

屋外エリア「天空の旅」

こちらはペンギン、カワウソ、アシカなどが見ることができて、日によってはステージでパフォーマンスが行われることもあります。

私は暗くなってから水族館に行ったので、あまり動物たちを見ることは出来ませんでした。

もしも屋外で、ペンギン、カワウソ、アシカをいっぱい見たかったら、お昼など明るいうちに行くことをおすすめします。

f:id:nextdoor2020:20180418005952j:plain

「天空のペンギン」

水槽が頭上にあり、ペンギンが空を飛ぶように頭の上を泳いでいきます。

夜でもペンギンは少しですが泳いでおり、照明も相まって幻想的な雰囲気となっていました。

 

f:id:nextdoor2020:20180418010139j:plain

「カワウソたちの水辺」

夜行性のカワウソだけに、夜は元気に起きていました。

真っ暗で写真を撮るのは難しいかなと思っていましたが、幸運にも綺麗に撮ることができました。

ISO2500の高感度撮影です。

池袋の高層ビルがガラスに映り込み、都会のカワウソを表現することができました!

 

サンシャイン水族館の詳細

営業時間・料金

◆営業時間

10:00~21:00(3/21~9/24)

10:00~18:00(9/25~3/20)

年中無休

◆入場料

大人(高校生以上)2,200円

こども(小・中学生)1,200円

幼児(4才以上) 700円

 

入場料金を安くする方法

【dエンジョイパス】 というクーポン発行サイトの会員になると、全国で5万件以上のお店や施設が割引になるクーポンをゲットできます。

サンシャイン水族館も大きく割引になります。

<dエンジョイパス会員>

大人2200円→1740円

こども1200円→1040円

幼児700円→630円

1人がdエンジョイパスに登録すれば、毎月10人分まで割引きが使えるので、家族で行くときは、dエンジョイパス割引きを使えば、大幅な割引額となります。

≫くわしくは【dエンジョイパス】 のHPでご確認ください

 

(dエンジョイパス解説記事)

www.irohani-hot.net

 

 

サンシャイン水族館のリンク

サンシャイン水族館 | トップページ

名探偵コナンやけものフレンズとのコラボなどのイベント情報も、サンシャイン水族館の公式HPからご確認ください。

 

まとめ

サンシャイン水族館は、管理も素晴らしく、とても美しい水族館です。

イベントなども満載なので、ご家族で、カップルで、友達と行ける、かなりおすすめのスポットです♪

個人的なおすすめは、やっぱり間近で見られる巨大マンボウ(笑)

噂によると、時たま人にじゃれつくマンボウが見られることもあるのだとか!

マンボウにも意外な一面が!

ここから先は、ぜひみなさんの目で確認してみてくださいね~♪

f:id:nextdoor2020:20180418012342j:plain

 

 

<関連記事>

同じ池袋にあるサンシャイン60の展望台の記事もございます!