人生を今よりちょっと楽にしよう!

【体験談】入浴剤「生薬のめぐり湯」を使った感想。メリット・デメリットまとめて紹介します!

今日は松田医薬品がリリースする入浴剤「生薬(しょうやく)のめぐり湯」を掘り下げてみようと思います。

生薬のめぐり湯は、生薬と温泉成分が配合された超・本格的な入浴剤なのですが、

この入浴剤の特徴はもっと別のところにあります。

 

それは「完全無添加」ということです!

添加物の入った入浴剤は危険!無添加入浴剤のおすすめをジャンル別に紹介。」の記事でも、おすすめ入浴剤の1番手に紹介したように、

生薬のめぐり湯は、

・生薬&温泉成分が配合された超本格的な入浴剤

・体に悪影響のある添加物を一切使わない無添加入浴剤

という、ものすごく体にいい入浴剤なんです!

ですので、

①小さいお子様と家風呂を楽しみたい方

②アトピーなどのアレルギー性皮膚炎でも入浴剤を楽しみたい方

③仕事の疲れで、体のあちこちが痛い方

などなど、様々な人たちにおすすめできる入浴剤というわけです。

 

今日はこの超体にいい入浴剤「生薬のめぐり湯」を実際に使ってみての感想を踏まえて、

良いところ・悪いところをまとめてみたいと思います。

 

「生薬のめぐり湯」ってどんな入浴剤??

生薬のめぐり湯の特徴をカンタンにまとめると・・・

  1. 完全無添加
  2. 5種類の本格的な生薬(しょうやく)を配合している
  3. アルカリ性の温泉成分を配合している
  4. 女性のためにホホバオイルも配合している
以上の4つのことが挙げられます。

特徴①:完全無添加

市販の大手メーカーが作っている入浴剤は、添加物だらけです。

カラフルな色を出す「合成着色料」、人工的な匂いを出す「合成香料」、肌を化学物質の力でツルツル(ぬるぬる?)にする「湿潤剤」などなど・・・

しかし添加物って、石油由来成分の化学物質なので、身体に悪影響を与える危険性があるんですよね。

アレルギー症状を引き起こしたり、肌荒れを起こしたり。

しかし、「生薬のめぐり湯」はそのような添加物は一切ゼロ。

生薬のめぐり湯の場合、

・香り⇒生薬の独自の香り

・色⇒生薬から滲み出す自然の色

・成分⇒温泉成分やホホバオイルの力で、自然の力で肌をツルツルにする

ですので、生薬のめぐり湯は添加物の力を使わずとも、しっかりした入浴剤としての効能が期待できるんです。

すべて天然成分で作られた入浴剤ですので、市販の入浴剤よりもお値段は高くなってしまいますが、それは仕方ないと思いますね。

 

特徴②:5種類の生薬を配合

生薬のめぐり湯は、その名の通り「生薬(しょうやく)」がしっかり配合されているのが売りです。

しかも、効能が期待できる本格的な生薬が5種類も配合されているのが、すごい!

 

<生薬のめぐり湯に配合されている5種類の生薬>

上に挙げた5種類の生薬が入っています。

この5種類がブレンドされていることで・・・

  • 発汗作用・血行促進のおかげで「冷え性」の改善
  • 血流を良くして、体の痛みが緩和
  • 腸の動きが活発になるので、便秘の改善
などといった効能が期待できるんです。

特徴③:温泉成分を配合

生薬のめぐり湯は、アルカリ性の温泉成分を配合しています。

アルカリ成分は、洗浄力が高く、肌をツルツルにしてくれる効能があるんです。

温泉には、「肌をツルツルにする温泉」とか「美肌の湯」とかよく目にしますが、そういった温泉はたいていアルカリ性の温泉なんです。

「生薬のめぐり湯」はそういった温泉成分を使うからこそ、湿潤剤のような添加物を使わなくて済むんだと思います。

これは敏感肌の人にはかなりの朗報ですよね。

 

特徴④:ホホバオイルを配合

ホホバオイルは、良くエステなどで「美容オイル」として使われる植物性ワックスです。

特徴としては、天然成分でありながら、「肌にハリや潤いを与えてくれる」という女性にとってうれしい効果があるんです。

また皮膚を柔らかくしてくれる効果もあるので、お化粧のノリも良くなります。

ですので「生薬のめぐり湯」は、女性にもおすすめできる入浴剤なんですね。

 

公式サイト
◆もっとくわしく「生薬のめぐり湯」を知りたい方は、ぜひ公式サイトをご覧ください


(公式サイト:自然の生薬と温泉成分で作られた無添加入浴剤【生薬のめぐり湯】

 

実際に「生薬のめぐり湯」を使った感想!

これまで、この入浴剤の成分について書いてきましたが、本当に効果・効能があるのか?まだ疑問がありますよね??

ということで、私が実際に「生薬のめぐり湯」を使ってみました。

良いところ・悪いところをすべて洗いざらい書いていこうと思います!

 

↑↑上の写真は自宅に到着した、「生薬のめぐり湯」です。

茶色い紙の袋に、入浴剤が入っているようです。

 

↑↑中には、このように入浴剤がパックに入っています。

パックの作りはとてもしっかりしていて、そうそう破れないでしょう。

 

↑↑こういう風に、手でパックをもみもみして、中の成分を出していきます。

 

↑↑お湯が上の写真くらい完全に色づくまで、パックをもみもみします。

市販の入浴剤は、合成着色料を使っているので、蛍光カラーだったり、真っ白だったりと派手な色合いになりますが、

無添加の入浴剤は、自然の成分のそのままの色なので、このように地味ながらも効能がありそうな色合いになるんです。

 

生薬のめぐり湯の香りはどんな感じ?

生薬と言うと、じじくさい印象がありますが、「生薬のめぐり湯」はそんなことはありませんね。

袋を開けた瞬間、自然のいい香りがぱ~っと広がります。

生薬の香り(漢方薬に似た匂い)+石けんのような甘い香りがブレンドされた感じでとても心地いいです。

この石鹸のような甘い香りは、何なのかな?

生薬の一つであるベニバナか、あるいはホホバオイルかもしれませんね。

とにかく、生薬のきついにおいが充満するわけじゃなくて、甘い香りも混じっているので、香りに関しては全く抵抗はありません。

そして生薬のめぐり湯を、お風呂に入れると、香りが強まります。

生薬の成分が、温かいお湯になじむことで、香りが強くなるのかもしれません。

入浴剤パックをお湯に入れると、たちまち生薬の香りが前面に出てきます。

よく銭湯施設にある「薬湯」みたいなイメージです。

生薬の香りに包まれながら入浴すると、いかにも健康になりそうな気になるから不思議です。

 

生薬のめぐり湯の実際感じた効能とは??

私が感じた効能は以下の3点です。

・とにかく体がポカポカになる!

・驚くほど肌がツルツルになる!

・体がほぐれて、気分がリラックスできる!

 

体がポカポカになるのは、やっぱり生薬の力でしょうね。

生薬の中には唐辛子も入っていますからね!

特にすごいと思ったのは、お湯の温度38℃くらいのぬるま湯でも、体がポカポカして、発汗があることです。

普通、ぬるま湯だったら、お風呂から出たら、ちょっと肌寒いことがあるかもしれません。

しかしこの入浴剤だったら、入浴後、家の窓を全開にしたくなるくらい体がポカポカします。

MEMO
この入浴剤は、生薬の成分をじっくり体にしみこませるために、ぬるま湯で20分以上の入浴が推奨されています。

ですので、熱いお湯で入浴剤を使うと、あまりにも体が熱くなりすぎて、20分も入っていられません。

生薬の力をしっかり体に取り込みたかったら、ぬるま湯でじっくり入ることをおすすめします。

 

生薬のめぐり湯は「自律神経の乱れ」も改善してくれる

生薬のめぐり湯は、

香りでリラックスできるうえに、体内の血の巡りや気の巡りを良くしてくれるので、ストレスによる自律神経の乱れにも効果があると思います。

例えば、仕事で疲れて帰ってきた夜。

本来ならば心も身体もリラックスして、1日の疲れを取らないといけません。

しかしストレスなどで自律神経が乱れている人は、夜になっても副交感神経が優位にならず、ずっとイライラとストレス状態のままです。

これでは疲れは取れずに、ストレスが溜まっていくばかりです。

しかし、生薬のめぐり湯は、こんな自律神経の乱れに効果がありそうなんです。

仕事で疲れた夜に、この生薬の入浴剤を使えば、

・香りで心がリラックスする

・生薬の力で体がほぐれ、ストレスによる緊張状態が解ける

といった具合に、体がリラックスモードに入っていきます。

お風呂上りに、畳やマットレスの上で大の字に寝ころべば、まちがいなく超リラックスモードで、副交感神経もばっちり働いてくれるでしょう。

そうすれば1日の疲れ・ストレスもかなり緩和されることでしょう!

注意点としてはお風呂上り、スマホをいじったり、ゲームで遊んだりしない事ですね。

せっかく入浴剤の力で副交感神経が優位になったのに、人口光の強いスマホやゲームをやってしまっては、交感神経が活発になってしまい本末転倒です。

↑↑こんな感じで寝っ転がろう!

こんな記事もおすすめ

◆自律神経の乱れのせいで、夜もリラックスできない方は、ぜひこの記事も参考にしてください

自律神経の乱れを簡単に自力で治す方法とは?毎日調子が悪い人もサクッと改善しよう。

 

生薬のめぐり湯のデメリットとは??

こんなおすすめポイントばかりの「生薬のめぐり湯」ですが、デメリットもあります。

ひとつは、浴槽に茶色い着色汚れができることです。

生薬の自然の成分がお風呂に溶け込むので、どうしても茶色い色素が浴槽内に残ってしまいます。

(お風呂の水を抜いた後、浴槽の中に茶色い跡が残ります)

ですので、お風呂掃除はしっかりしないといけませんね。

もしも茶色い跡を洗わずに放置してしまったら、取れない汚れになってしまうかも。

 

あと、お風呂上り。

お肌に生薬の香りが残ってしまいます。

これは女性にとっては気になるかもしれませんね。

しかし、そう極端な匂いでもないため、そこまで気にすることはありません。

ただ、お風呂上りにちょっと出かける予定がある・・・という方は、多少の注意が必要かもしれません。

 

生薬のめぐり湯のまとめ

いかがだったでしょうか?

無添加入浴剤「生薬のめぐり湯」を特集させていただきました。

記事の冒頭に

①小さいお子様と家風呂を楽しみたい方

②アトピーなどのアレルギー性皮膚炎でも入浴剤を楽しみたい方

③仕事の疲れで、体のあちこちが痛い方

といった方々におすすめ!と書きましたが、

これに付け加えて、

④肌をツルツルにしたい女性

⑤仕事帰りの夜、イライラしたり、疲れ果てていたりで、なかなかリラックスモードになれない

こんな方々にもおすすめしたと思います!

ぜひ、生薬のめぐり湯で、『生薬の力』を体感してくださいね。

 

生薬のめぐり湯の公式サイトはこちら!




(購入サイト:生薬が効く!【生薬のめぐり湯】

生薬のめぐり湯の価格(30g15包入り)

【定期コースの場合】
初回 50%OFFの1620円のキャンペーン中
2回目以降ずっと 15%OFFの2754円

(ともに税込み価格です)
※無添加商品はコストが高いゆえに、どうしても料金が高くなってしまうので、
少しでも低価格で買える定期コースがおすすめです。