人生を今よりちょっと楽にしよう!

【分かりやすく解説】バンドルカードを実際に街のお店で使う方法(デメリットあり)

今回は、バンドルカードを、コンビニなどの街のお店で使う方法を解説します。

まず注意すべきなのが、

バンドルカードのアプリをダウンロードして、会員登録しただけでは街のお店では使えないということです。

ちょっと紛らわしいシステムなので、これからバンドルカードを作りたいという方は、ぜひ記事をご覧になってくださいね。

 

■まずバンドルカードについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を

後払いプリペイドのバンドルカードとは?特徴やメリット・デメリットを解説します

■バンドルカードの会員登録の方法、アプリのダウンロード方法はこちらの記事を

【手順を解説】バンドルカードの作り方・登録方法を画像付きで説明します。

公式サイト
■バンドルカードの公式サイトはこちら!

VANDLE CARD(バンドルカード)公式サイト

 

バンドルカードの「リアルカード」とは?

まずバンドルカードのアプリをダウンロードして、会員登録すると、アプリ上にカード番号が記載されたバンドルカードが表示されます。

アプリに表示されたカードの番号を使うことで、ネットショッピングをすることが可能になります。

このアプリに表示されたバンドルカードを「バーチャルカード」と言います。

↑↑「バーチャルカード」の見本。こんな風に、スマホのアプリにカード番号の情報などが表示されます。

 

そして、ここからが重要なんですが、

このバーチャルカードはネットショッピング限定ですので、コンビニなど街のお店では使うことができません。

レジの人に、アプリに表示されたカード情報をみせたところで、レジの人は困るだけですからね・・・

 

コンビニなど、街のお店で実際にバンドルカードを使って買い物したい場合、

「リアルカード」という実物のバンドルカードを自宅に送付してもらわないといけません。

↑↑これが私のリアルカードです。

リアルカードの発行を申請すれば、このように実物のバンドルカードを送ってもらえます。

 

リアルカードの申請方法

リアルカードの発行を申請する方法を解説します。

リアルカードの発行は、バンドルカードのアプリから行います。

スマホでアプリをダウンロードして、会員登録をしてからリアルカードを発行しましょう。

 

↑↑まずアプリ画面を開き、①「カード」のカテゴリーを選択します。

そして②「リアル決済カード未発行」のところをタップします。

 

↑↑上のようなカードステータス画面になるので、「カード発行する」ボタンをタップする

「カードを発行する」ボタンをタップすると、リアルカードの種類を選ぶ画面になります。

リアルカードには、

・普通のリアルカード(発行手数料300円)

・リアルカード+【プラス】(発行手数料600円)

の2種類あり、好きなほうを選択します。

リアルカードプラスは、チャージの上限が100万円になったり、海外で使えたりと言ったメリットがありますが、本人確認書類の提出が面倒くさいです。

(外部記事:「バンドルカードリアル+(プラス)の特徴」)

ですので、ここは手数料の安い「普通のリアルカード」で十分だと思います。

 

↑↑リアルカードの種類を選ぶと、3つの確認事項があります。

①発行手数料300円をチャージ

②送付先(住所)

③注意事項を確認する

すべて完了させないと、先に進めません。サクッと終らせましょう。

ちなみに、ここで初めてお金をチャージする方も多いかと思います。

後払い方式の「ポチっとチャージ」で、とりあえずお金をチャージしてみましょう。

ポチっとチャージの方法は「アプリで金額をチャージする方法」をご確認ください。

 

↑↑確認事項が完了したら、チェックマークが付き、文字色も緑色に変わります。

3つすべて完了したら④「発行する」をタップしてください。

 

「発行する」をタップしたら、発行手続きは完了です。

後は自宅に、バンドルカードが届くのを待つだけです。

注意

自宅にバンドルカードが届いたら、そのカードを「有効化」する必要があります。

この有効化のやり方は、バンドルカードに同封する説明書に分かりやすく書いてあるので、その通りに行ってください。

1分以内で終わるカンタン作業なので、心配は無用です。

 

リアルカードを実際にお店で使う方法

バンドルカードのリアルカードが自宅に届いた!

さっそくお店で使いたい。でもどうやって使うか不安・・・という方もいるでしょう。

そういう方はまずここを読みましょう。

 

手順①:まず事前に金額をチャージする

まず事前にチャージしないと、カード残額が0(ゼロ)のままですので買い物ができません。

買い物前にアプリでチャージしましょう。

後払いがいい方は、「ポチっとチャージ」をします。

ポチっとチャージのやり方が分からない方は「こちら」をご覧ください。

 

手順②:リアルカードの有効化

先ほども書きましたが、リアルカードが自宅に送られてきたら、まずはじめに「有効化」して、カードを使える状態にします。

もちろん有効化は最初に1回だけやればOKです。

はじめてリアルカードで買い物するときは、有効化を忘れていないか、もう一度チェックしてみましょう。

 

手順③:いざお買い物!レジでバンドルカードを提示しよう!

バンドルカードのリアルカードは、ほとんどクレジットカードのように使えるのがポイント。

レジの人に渡すときは、「バンドルカードでお願いします」とか「後払いプリペイドで・・・」とか余計なことは言う必要がありません。

 

「カードで!!」

 

の一言で十分です。

ただしバンドルカードは後払いと言えども、クレカのように分割払いやリボ払いは出来ませんので、

万が一レジの人に「支払い方法は?」と聞かれたら、1回払いの旨を伝えましょう。

 

手順④:もしもバンドルカードで支払いできなかたっら即座にあきらめる

バンドルカードはVISA加盟店で使えますが、すべてのVISA加盟店で使えるわけではありません。

もちろんコンビニやスーパーマーケットでは使えますが、ガソリンスタンドや宿泊施設、定期券など使えない場所も多々あります。

ですのでもしもバンドルカードで支払いを試してみて、レジの人に「これ、ちょっと使えないみたいですね~」と言われたら、即座にあきらめましょう。

ちょっと恥ずかしいですけどね。

ですので恥ずかしい思いをしたくない場合は、コンビニやスーパーなど無難なところで使ったほうがいいかもしれません。

 

リアルカードが使えるお店

バンドルカードのリアルカードは、全国各地のVISA加盟店で利用することができます

要はVISAのクレジットカードが使えるお店ですね。

コンビニやスーパー、家電量販店などクレカが使えるお店は、たいていバンドルカードが使えます。

使えるか自信がない場合は、お店の人に「クレカが使えるか?」聞いてみるといいでしょう。

聞くのが億劫な場合は、お店の入り口あるいはレジ付近に「VISA」マークがあればOKです。

 

ただし!!

VISA加盟店でも、バンドルカードが使えないお店は結構多いです。

ガソリンスタンドや宿泊施設、高速料金、定期券などです。

このほかにも使えないところはありますので、公式サイトの「バンドルカードの使えないお店」でご確認ください。

 

 

リアルカードのデメリット

バンドルカードのリアルカードを作る上でのデメリット。

まずひとつめは、やはり手数料。

リアルカードを発行するだけで謎の300円がかかります。

(リアルカードプラスの場合は600円)

ポチっとチャージでも手数料を取るので、せめてカード発行の手数料は無料にしてほしかったですね。

 

あともう一つのデメリットは、発行申請してから、自宅に到着するまでの時間が長すぎること。

私の場合、1週間くらいかかりました。

これもマイナスポイントかと思います。

 

これらのデメリットを踏まえたうえで、リアルカードの発行申請をするといいでしょう。

 

以上、リアルカードについての記事でした!