人生を今よりちょっと楽にしよう!

【クレカを作れない人に朗報】後払いプリペイドのバンドルカードとは?特徴やメリット・デメリットを解説します

今日は後払いプリペイドカード「VANDLE CARD(バンドルカード)」について解説していきたいと思います。

バンドルカードさえあれば、お金が無くても買い物ができます。

クレジットカードみたいに審査はいらないし、後払いなので事前の入金もいらない。

しかも電話番号の登録だけで、すぐに会員登録できて、その日からお買い物ができちゃう。

現金も無いけど、クレカも無い人に、大助かりなのが「バンドルカード」

今日はバンドルカードについて丁寧に解説しますので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

★今日の記事はこんな人におすすめ

  • 諸事情でクレジットカードが作れない
  • 今月だけ現金がかなりピンチだけど、来月以降に返せるアテがある

バンドルカードの公式サイトは↓↓↓
コチラ

バンドルカードとは?

バンドルカードとは、後払いもできるプリペイドカードです。

プリペイドカードですが、クレジットカードのように使えます(上の画像が見本)

これ1枚で、ネット通販もできますし、コンビニで買い物もできます。

★バンドルカードでネットショッピングする方法はこちらの記事

⇒「【覚えれば超簡単】後払いプリペイド「バンドルカード」でネットショッピングをする方法

 

ただ注意してほしいのは、クレジットカードと同じように使えると言っても1回払いしかできません

分割払いや、リボ払いはできません。

 

「1回払いしかできないんだったら、本物のクレジットカード使えばいいじゃん」

と思うかもしれませんが、このバンドルカードは今すごい人気で、急速に利用者が増えているんです。

 

理由は単純明快。

 

クレジットカードとは違い、審査いらずで誰にでも作れるからです。

ブラックリストでクレジットカードが作れない人、学生や主婦などクレジットカードの審査が落ちてしまう人。

さまざまな事情の人が、後払いプリペイド「バンドルカード」を作っているんです。

 

MEMO
簡潔に言うと、バンドルカードとは1回払い専用のクレジットカードのようなもの。

そして審査不要で誰にでも作れます。

 

それでは、バンドルカードについて詳しく見てまいりましょう。

 

バンドルカードのメリット

バンドルカードのメリットには以下のようなことが挙げられます。

  • 審査不要で誰にでも作れる
  • 登録が簡単で、スピーディーに作れる
  • 登録後すぐにカード番号が発行できるので、その日のうちにネット通販ができる
  • コンビニなどで使えるリアルカード(疑似クレジットカード)も送ってもらえる
  • 事前の入金は必要なし、使った分は翌月に支払いをする
  • 年会費無料
  • 保証人は、もちろん不要

 

簡単にメリットをまとめると、

「クレカも現金も持ってないけど、今すぐ買い物したい!」という方は、バンドルカードしかありません。バンドルカード一択。

もちろんバンドルカードには、デメリットも存在します。

デメリットも理解したうえで、バンドルカードを作りましょう。

★バンドルカードのデメリットを見てみる(この記事内の項目に移動)

 

バンドルカードの登録から支払いまでの流れ_

バンドルカードが使えるようになるまで

まずはバンドルカードの公式サイトでアプリをダウンロード。

アプリを開いて、会員登録⇒バンドルカード発行の流れです。

★別記事でバンドルカードの会員登録の方法をまとめてあります。

⇒「【手順を解説】バンドルカードの作り方・登録方法を画像付きで説明します。

バンドルカードの登録は超簡単です。

2~3分で登録が終わり、すぐに通販サイトでお買い物ができるようになります。

お金は後払いなので、入金などの手間は一切無し!

あまりにもスピーディーに買い物ができるんで、「おぉ!本当にお金払わずに買い物できたよ!!」と驚きでいっぱいになります。

 

会員登録の際に必要なもの

スマホの電話番号だけです。

本当にこれだけで疑似クレジットカードが作れてしまうから驚きなんです。

保証人はもちろん必要ないし、身分証明書の提出もいらない。

それどころか住所の登録が必要ないから変なダイレクトメールが送られてくることも無いんです。

※2018年9月現在の情報。コンビニ等で使えるリアルカードを作る場合は送付先として住所登録が必要。

 

ちなみにスマホの電話番号は本人確認のために必要です。

会員登録やお金チャージするときにスマホの電話番号を利用して、SMS認証します。

※SMS認証・・・ショートメールを使用した本人確認方法

このSMS認証以外の本人確認方法はやっていないので、かならず電話番号と一緒に、(持っていない場合は)ショートメールのアプリもインストールしておきましょう。

 

会員登録の際にかかる費用

年会費・維持費などは無料ですので、バンドルカードの会員登録の際にかかる費用は一切ありません。

アプリも無料でダウンロードできます。

ただし、チャージをするときに手数料がかかります。

その手数料に関しては、のちほどデメリットの項目で解説します。

★バンドルカードのデメリットを見てみる(この記事内の項目へ移動)

 

バンドルカードを使えるお店

①ネット通販の場合

バンドルカードは登録してすぐにカード番号が発行されます。

そのカード番号はクレジットカード番号と同じ役割を果たしますので、その番号でネット通販を利用できます。

★バンドルカードで、クレカのようにネットショッピングする方法はこちらの記事

⇒「【覚えれば超簡単】後払いプリペイド「バンドルカード」でネットショッピングをする方法

 

ですので2~3分で会員登録を終えたら、すぐにAmazonや楽天市場でショッピングを楽しむことができるようになるわけです。

お金は後払いなので、お金の準備は一切必要なし。

よくよく考えればすごいことですよね。

 

②コンビニなど街で使う場合

街のお店でバンドルカードを利用する場合は、300円の手数料を払って「リアルカード」を発行しなければなりません。

★バンドルカードでコンビニなどの実際のお店でお買い物をする方法は、こちらの記事を

⇒「バンドルカードを実際に街のお店で使う方法

(↑バンドルカードの「リアルカード」のサンプル。外観はクレジットカードと同じ)

リアルカードが自宅に送付されたら、そのカードをもって街に出かけましょう。

コンビニやスーパーの他、VISA加盟店で利用ができます。

簡単に言うとVISAのクレジットカードが使えるお店で、バンドルカードも使えるということです。

注意事項
VISA加盟店でも、バンドルカードが使えないお店があります。

ガソリンスタンド・宿泊施設・高速道路料金など。

公共料金の支払いや、定期券の購入もできないです。

くわしくは「バンドルカード:使えないお店やサイトがある?」参照の事

 

バンドルカードでの決済方法

バンドルカードでお買い物するには、まずバンドルカードにお金をチャージしなければなりません。

このチャージという作業をしないと、バンドルカード内は0(ゼロ)円のままですので、お買い物ができません。

ただ後払いですので、実際にお金を入金してチャージするわけではありません。

バンドルカードのアプリで、使いたい金額を入力するだけで、チャージが完了します。

そして、そのチャージした金額を上限に、お買い物ができるというわけです。

 

<アプリで金額をチャージする方法>

(手順画面は、すべてアプリ使用時のもの)

↑まず①「チャージ」のカテゴリーをタップする

②「ポチっとチャージ」という項目をタップします

この「ポチっとチャージ」というのが、後払いでお買い物をしたい場合のチャージ方法です。

 

↑あらかじめ登録してある氏名や電話番号に間違いが無いことを確認して③「利用規約を確認する」にチェックを入れます。

利用規約にチェックを入れたら、④「SMS認証へ」をタップします。

そうすると登録してある電話番号あてに、『認証コード』が届きます。

 

↑ショートメールに『認証コード(6桁の数字)』が送られてくるので、すみやかに⑤「認証番号」に6桁の数字を打ち込みます。

6桁の数字を打ち込んだら、⑥「認証する」をタップします。

 

↑チャージしたい金額を入力したのち、「OK」ボタンをタップします。

 

↑「最終確認」で金額に間違いがないか確認したのち、「この内容で申込む」をタップします。

 

↑「ポチっとチャージ」が完了すると、上のような「○○円チャージされました」という画面になります。

そうすれば、もうお買い物ができちゃいます。

上の画面の場合は3000円チャージされているので、Amazonでも楽天市場でも、その他ネットショッピングで3000円までなら自由にお買い物ができちゃうわけです。

もちろん支払いは後払いです。

 

バンドルカードで、ネットショッピングをする方法

バンドルカードでは、ネット通販サイトで、クレジットカードのように使うことができます。

バンドルカードでネットショッピングする方法は別記事にまとめましたのでどうぞご覧ください。

後払いプリペイド「バンドルカード」でネットショッピングをする方法

 

バンドルカードで、コンビニなど街のお店でお買い物をする方法

バンドルカードのアプリから、「リアルカード」という街のお店で使える実物のバンドルカードの発行申請ができます。

そのリアルカードを使えば、街にあるお店(VISA加盟店)で後払いのお買い物をすることができます。

くわしくは別記事にまとめましたのでご覧ください。

バンドルカードを実際に街のお店で使う方法

 

バンドルカードの後払いは、いつまでに支払えばよいか?

使用した月の、翌月末までに支払いをすればOKです。

たとえば9/1にチャージしてお買い物をしたら、10/31までに支払いをします。

※分割払いやリボ払いは無く、すべて一括払い

支払い方法は、コンビニ払いor銀行ATM(ペイジー)の2種類。

どちらもバンドルカードのアプリから手続することができます。

↑バンドルカードでお買い物をした後は、アプリの上部に⑦「〇〇円支払いましょう」という注意書きがあらわれるので、期限までに頑張って支払いしましょう。

 

バンドルカードの公式サイト

ここまでご覧になって、「私も後払いプリペイドのバンドルカードを作ってみたい!」という方もいることでしょう。

そういう方は、ぜひバンドルカードの公式サイトをご覧になってみてください。

バンドルカードの公式サイトは↓↓↓
コチラ



ただし注意点があります。

バンドルカードには、いくつもの注意事項やデメリットがあります。

次の項目で、バンドルカードの注意点をまとめますので、そちらを読んで、注意事項を了承したうえでバンドルカードを作りましょう。

 

バンドルカードの注意事項とデメリット

バンドルカードには、いくつもの注意事項(デメリット)があります。

バンドルカードを作る上で留意すべきことをまとめてみました。

※注意事項に関しては2018年9月現在でのもの。改変ある可能性あり。

 

注意事項①チャージするのに手数料がかかる

バンドルカードを使う上で、一番注意すべきなのは手数料の存在。

年会費などは一切無料なんですが、チャージをするだけで手数料がかかります。

チャージ申込金額3000円~10000円の場合➡500円の手数料

チャージ申込金額11000円~20000円の場合➡800円の手数料

1回のチャージでこれだけの手数料がかかります。

チャージをするたびに、手数料がかかるので、けっこう馬鹿にできません。

ですので、バンドルカードで後払い決済を選ぶ場合は、本当に金欠の時の最終手段で使うことですね。

手数料を払ってでも、買い物がしたい!という場合に限ります。

 

注意事項②チャージできる金額に上限がある

チャージできる金額は、1ヶ月で2万までという上限が設けられています。

1回でチャージしても、複数回に分けてチャージしても構いませんが、チャージをするたびに手数料が取られるので注意が必要です。

一度に2万円を超えて買い物したい場合は、バンドルカードではできません。

ただ上限がある分、使い過ぎの心配が無いのは、安心できるところかもしれませんけどね。

 

注意事項③チャージをした金額をキャンセルすることは出来ない

10000円チャージしたんだけど、7000円しか使わなかった!余った3000円をキャンセルしたい!

というようなケースもあるかもしれませんが、キャンセルはできません。

10000円チャージしたら、翌月末までにチャージした10000円(プラス手数料)をすべて支払わないといけません。

注意すべきなのは、後払い時に支払う金額は、「お買い物で使った金額」ではなくて、「チャージした金額+手数料」です。

ですのでチャージするときは、後払いの時に、しっかり返済できる金額をチャージしましょうね。

 

注意事項④お店で使えるバンドルカードのリアルカードを発行するのにも手数料がかかる

お店使えるリアルカード(疑似クレジットカード)は、申請して発行してもらうことができますが、

こちらは発行手数料300円がかかります。

ただあると便利なので、持っておいてもいいかもしれません。

 

★その他の注意事項に関しては、バンドルカードの公式サイトでご確認ください

 

バンドルカードの危険性は?バンドルカードって危なくないの??

バンドルカードは審査いらずの後払いプリペイドカードです。

登録もカンタンで、お金がない人でもすぐにお買い物が楽しめます。

ですので、

「バンドルカードって危なくないの??」

「情報流出の心配は無いの??」

というふうな心配の声が出ていることも事実です。

 

ただ私もバンドルカードの会員登録をして、それで買い物をしたりしていますが、

今のところ全く問題は発生していません。

登録した電話番号に不審な電話、セールスの電話が掛かってくることは皆無ですし、

登録したメールアドレスに、謎のメールが送られてくることも皆無です。

不正利用だってもちろん無いです。

結論としては、「危険性無し」というところです。

 

審査いらずの後払いプリペイドカードということで、裏があるように感じますが、

手数料で利益を出す「ごくごく普通の経営」ですので、裏は無いと思います。

バンドルカードのシステムを理解すれば、いかがわしい商売で無いことは明白ですしね。

 

バンドルカードのおすすめのお買い物方法

ここだけの話です。

私のバンドルカードのおすすめのお買い物。

それは、バンドルカードで「商品券」を購入することです。

『金券ねっと』という商品券専門のネット通販では、クレジットカードで商品券がまとめ買いできます。

もちろんバンドルカードの番号を使っても、『金券ねっと』で商品券が買えます。(私が実験済み)

 

■金券ねっとについて詳しく知りたい方は➡「「金券ねっと」の特徴を解説!安全性や評判など気になる点をチェックしてみました」の記事をご覧ください

■購入した商品券を売りたい場合は➡「金券ショップで商品券を売るならどこ?全国チェーンの大黒屋は買取システムも超簡単なのでおすすめです。」の記事をご覧ください

■バンドルカードでネット通販で買い物をする方法➡「後払いプリペイド「バンドルカード」でネットショッピングをする方法

 

バンドルカードのまとめ

いかがだったでしょうか?

今回は後払いできるプリペイドカード「バンドルカード」について解説させていただきました。

たしかに買い物をするならば、現金払いが一番健全です。

でも世の中いろいろな事情の人がいます。

現金を持ち合わせていない人、何らかの事情でクレジットカードが作れない人。

そういう人が最後の手段として使うのが、このバンドルカードだと思います。

 

ただし翌月に支払いが待っているので、計画的にチャージしてお買い物をしないと、どんどん生活が苦しくなってしまうケースも想定されます。

バンドルカードを使う際は、その辺をしっかり考慮に入れて利用しましょう。