人生を今よりちょっと楽にしよう!

【税金滞納に悩む方へ】住民税をクレジットカード支払いできる方法があるんです

過去の恥ずかしい話

恥を承知で書きますが、じつは私、過去に何度も税金を滞納したことがあります

納期には現金が足りずに「税金は後回しでいいや」と放置してしまい、督促状が来る頃には後の祭り。

そして税金をどうやって払おうか・・・とさんざん悩んだ挙句、区役所に足を運び、平謝りに分割納付をお願いする始末。

自分で蒔いた種とはいえ、お金のことで役所の人に頭を下げるのは、本当に自分が情けなくなります。

そして、あまり滞納の常習者となると、区役所の納税課の人の対応もどことなく冷たいものに変わっていきます。

自分の思い込みかもしれませんが、完全に見下されているかのような心理状態になってしまいます。

たしかに滞納した自分は悪い。しかし、なぜ役所の人に冷たい態度を取られる筋合いがあるのか?見下すような態度を取られなければならないのか?

これぞ負け組、人生の敗者になったかのような屈辱感さえ芽生えてきます。

正直、病みます

自分でメンタルヘルスに取り組んでも、前向きになるのはかなりしんどいです。

本来なら、税金滞納して役所の人と対峙するのはしたくありません。これは誰だって同じでしょう。

やっぱり税金は最優先で支払うべき

最近は税の取り立ても厳しくなっています。

滞納が続けば、すぐに督促状が届き、問答無用で給与差し押さえが来ます。

役所はこちらの給料を自在に見ることができますし、差し押さえする権利もあります。

言い方はかなり悪いですが、まさに日本一の最強の取り立て屋なんです。

結論を言うと、税金は最優先に払うべき。滞納は得策じゃないってことです。

しかし税金を払う現金が無い・・・

こればっかりは仕方ないんです。

「現金が足りない」

賃金も上がらず、物価や様々な税金だけが上がり、さらにバカ高い住民税を軽々払える人なんて、今の時代少数派です。

どうやって今月の住民税を払おうか。ちょっと分割でお願いしてみようか。

でも役所に相談しに行くのは、ストレスだ!

ここで、頭をよぎるのは「税金をクレジットカードで支払いできないものか」ということでしょう。

 

本来、税金はクレジットカードで支払えない

住民税などの税金は、簡単にコンビニ支払いできる時代ですが、クレジットカードでの支払いには対応していません。

払込み書をコンビニに出して、「支払いはカードで!」とか格好つけても、店員に鼻で笑われるのがオチです。

はい、じつは私、カードで払えるか挑戦してみて、店員にあっさり断られた過去があります。我ながら、もう必死でしたね(笑)

 

しかし税金をクレジットカードで支払う方法があります!

意外と知られていないのが、税金をクレジットカードで支払う方法です。

まずはYahoo!のHPにある「Yahoo!公金支払い

(画像はYahoo!公金支払いより引用)

ここはとても便利で、住民税以外にも、自動車税・固定資産税・国民健康保険税などがクレジット支払いが可能

YahooのIDを持っていなくても利用可能ですが、IDを持っていれば支払い完了のメールを受け取れるので安心感があります。

ここのメリットは、クレジットカードと納税通知書があれば、ネット決済で税金の支払いが完結するところです。

しかし、最大のデメリットが、対応する自治体がまだ少なすぎるところです

2018年3月現在、首都圏では以下の自治体がYahoo!公金支払いに対応しています。

(すべて住民税の場合)

東京都(23区)

墨田区・江東区・品川区・世田谷区・豊島区・荒川区・足立区・葛飾区

東京都(23区外)

立川市・武蔵野市・昭島市・小平市・国分寺市・西東京市

神奈川県

相模原市・厚木市・湯河原町

埼玉県

戸田市・入間市・志木市・新座市・久喜市・北本市・日高市

千葉県

市川市・船橋市・柏市・館山市・成田市・流山市・富里市・東庄町・横芝光町

※上記以外のエリアはYahoo!公金支払いのHPでご確認ください

墨田区が最近になってクレジット払いができるようになったように、今後も対応する自治体が増えていくのは間違いないですが、現時点ではまだまだ少ないと思います。

私は江戸川区住まいなので、はじめはガッカリしました😞

しかし安心してください。

上記以外でもクレジット払いできる方法があるんです!

 

nanacoカードでのコンビニ支払いが便利!

さきほど、コンビニ支払いの場合は、クレジットカードは使えないと言いましたが、

nanacoカードを経由する方法ならOKなんです。

①nanacoカードを用意する

②nanacoカードにクレジットカードでお金をチャージする

③コンビニで税金をnanacoカードで払う

これで実質的に税金をクレジットカードで支払ったことになります。

まさに目からうろこ!!

注意点がいくつかあり、

注意①nanacoカードを新規発行する場合、クレジットカードを登録できるのは発行の10日後(nanacoモバイルは4日後)

注意②nanacoカードにチャージできるのは5万円までなので、5万円を超える税金は不可能

注意③nanacoカード1枚につき、ひとつのクレジットカードでしかチャージできません。2枚のクレカを使って、チャージは出来ないので注意。ショッピング枠が余っているクレカを登録しよう。

■nanacoカードのHP

電子マネーnanaco

カードの発行はセブンイレブンのレジ・イトーヨーカドーやARIOのサービスカウンターでできます。まだの人はお近くのお店にGOです。

カード発行には300円必要です。

 

重要◆クレジットカードを持っていない場合

チャージするクレジットカードを持っていな方へ

色々な事情でクレジットカードを持っていない方もいることでしょう。またはクレジットカードを持っていても、チャージに使えるショッピング枠が残り少ない場合もあるでしょう。

それならば、比較的審査の甘く、なおかつたくさんのショッピング枠をもらえるクレジットカードを申し込んでみてはいかがでしょうか?

▶おすすめクレジットカード:エポスカード

エポスカード、絶大メリット
  • 国内カードのなかでも、特に審査が通りやすいカード(ブラックの人は通らない)
  • 収入が低い人でも、ショッピング枠50万・キャッシング枠10万以上がつく可能性大
  • 月々の支払いの少なさは国内カード随一(5万利用で月3000円/10万~20万利用でも月5000円可能)
エポスカードのおすすめ記事私のエポスカード、即日発行の体験談です。
エポスカードで大逆転!クレジットカードの審査に不安のあった私が即日発行できた話。
公式サイト【エポスカード】の公式サイトでクレジットカードを申し込んでみる


税金をクレジットカード払いするメリット

税金をクレジット払いすることによって、現金の支出が無くなります。

実質的に節税のように捉えることもできます。

そしてクレジットで払ったものを、あとでクレジット会社の方でリボ払いにしていすれば、バカ高い税金を無理なく分割払いにすることができます。

もちろんリボ払いにすることで手数料が発生しますので、ご利用の際はよく考えてからすべきですが、一括で払えないからクレジット払いしているわけで、生活を楽にするためにはリボ払いも全然恥じることは無いはずです。

もちろん、役所に出向き、自ら頭を下げて、分割納付をお願いすることも可能です。

しかし役所の人に、見下されながらも頭を下げる屈辱やストレスは大きな問題です。

自分は絶対嫌です。もう御免です。

しかも分割納付もすんなり事が運びません。自治体によっては、「毎月の支出をすべて教えてください」だとか「今後の納付の計画を立ててください」だの、偉そーに圧力かけてきます。分割納付の月額もかなり釣り上げてきます。

そしてこちらが折れて、向こうの提示する分割を受けても、滞納の事実は変わらなく延滞金ももちろん払わされます。

滞納期間次第では、バカ高い延滞金よりもリボ払いの手数料のほうが全然安上がりの場合もあります。

こんなストレスを受けるくらいならば、さっとコンビニでnanaco払いしたほうが断然マシです。

もちろん現金一括が一番なのは言うまでもありませんが。

(役所の人の対応は、自治体や職員によって変わります。記事にあるような冷たい人ばかりではないことを追記しておきます)

ぜひみなさま、税金支払いに悩んでいたら、今回の記事を参考していただけたら幸いです。

滞納だけは絶対やめましょう。滞納して役所の人とかかわるのは、できるだけ避けましょう!